もやもやレビュー

希望の光を見届けて...『朝が来る』

2016年に出版された原作を読んだ当時の衝撃と何度も涙しながら読んだ記憶は忘れられない。その作品のメガホンをとってくれたのが大好きな監督のひとり、河瀬直美監督。どのように映像化されるのか期待で胸が高鳴りながらの鑑賞だった。

10/23 (Fri)
もやもやレビュー

短編映画のその後の物語『おもかげ』

本作は15分の短編映画「Madre」のその後を描いた長編映画である。短編映画で描かれたのは本作の冒頭部分。離婚した夫と旅行中のはずの息子から、母親エレナの元へ「父親がどこへ行ったかわからずどこかわからない海岸にひとりぼっちでいる」という連絡から始まる。

10/22 (Thu)
もやもやレビュー
公開から10年。改めて見たい『インセプション』

公開から10年。改めて見たい『インセプション』

クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』(全国公開中)が楽しみすぎて久しぶりに以前の作品『インセプション』を鑑賞。もう10年も前の作品だったなんて...。公開当時、劇場で観たときは一度では理解しきれずにもう一度見に行った作品。

10/21 (Wed)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー
奇妙キテレツなディストピア『未来世紀ブラジル』

奇妙キテレツなディストピア『未来世紀ブラジル』

いまや生活のお供である、スマートフォン。なかなか手放しがたい便利アイテムではあるものの、アメリカ国家安全保障局と中央情報局の元局員、エドワード・スノーデン氏によれば、スマートフォンは人々の生活を覗き込む立派な監視機器。

10/20 (Tue)
もやもやレビュー
海賊ラジオの時代をチラ見『パイレーツ・ロック』

海賊ラジオの時代をチラ見『パイレーツ・ロック』

音楽のない人生なんて想像できるものか!と言い切る現代の音楽愛好家にとって、いまや音楽の掘りどころは山のようにある。音楽配信サービスはもちろん、オンラインラジオから無料動画サービスまで......スマートフォンさえあれば、しばらくは困らない。でも、数十年前はどうだろう。

10/16 (Fri)
もやもやレビュー
『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』に見る、夢の追いかけ方

『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』に見る、夢の追いかけ方

夢に向かって猪突猛進できる人がいる。悩みや困難をバネに前に進む。努力を惜しまないし、周りの人間を図らずとも引き込んでしまう。誰もが夢を見る。あんな人になりたい。ああなれたらいいのに...、そう思う。

10/15 (Thu)
もやもやレビュー
家族の絆を描く、姉妹の開業物語『サンシャイン・クリーニング』

家族の絆を描く、姉妹の開業物語『サンシャイン・クリーニング』

第79回アカデミー賞脚本賞と助演男優賞を受賞した『リトル・ミス・サンシャイン』(06年)はすばらしい映画で私も大好きなのだが、同チームが再度、家族の絆を描くために挑んだ『サンシャイン・クリーニング』を皆さんはご覧になっているだろうか。

10/13 (Tue)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

もやもやレビュー

"呪われた"銀行に入ってしまった強盗たち『ザ・ボルト 金庫強奪』

クライムサスペンスでは定番の「銀行強盗」をテーマに、異色のストーリーを生み出したダン・ブッシュ監督の『ザ・ボルト 金庫強奪』。ストーリーが思ってもいない方向に進んでいくので、変わりものの一本をお探しの方におすすめです。

10/12 (Mon)
もやもやレビュー

父娘ドタバタバディーコメディ『オン・ザ・ロック』

この映画、世界のAppleと映画ファンならA24と聴いただけでも最近は足を運ぶ人もいるほど勢いのあるスタジオのコラボ作品だ。そして、監督はソフィアコッポラときたら期待値も自然と上がってしまう。お洒落な映画が出来上がるのかな?と思いきや良い意味で期待を裏切るコメディー映画が完成していた。

10/ 9 (Fri)

俺に用か?
(タクシードライバー)

もやもやレビュー
孤独な中年女性のジメジメした復讐劇『マー サイコパスの狂気の地下室』

孤独な中年女性のジメジメした復讐劇『マー サイコパスの狂気の地下室』

 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』でアカデミー助演女優賞を受賞したオクタビア・スペンサーが、不気味な中年女性を演じた『マー サイコパスの狂気の地下室』。じわじわ恐怖が押し寄せてくるリベンジスリラーで、『ゴーンガール』のような女性ならではの鳥肌級リベンジに、『ソウ』のような狂気的グロさがちょっぴりスパイスとして入っている一本です。

10/ 8 (Thu)
もやもやレビュー
思春期ならではのもどかしい感情が溢れ出す『パロアルト・ストーリー』

思春期ならではのもどかしい感情が溢れ出す『パロアルト・ストーリー』

思春期だったころ、自分の感情を制御できず、好きな人に辛く当たったり、意味もなくイライラしたり......今考えたら、訳もわからずもどかしい感情を持っていましたよね。そんな若者の複雑な心境を描いた『パロアルト・ストーリー』。切なくもありながら、自分の思春期のころと思わず重ねてしまう一本です。

10/ 7 (Wed)
連載
第88回 マーベル・シネマティック・ユニバースはマーベル・シネマティック・ダイバーシティへ

第88回 マーベル・シネマティック・ユニバースはマーベル・シネマティック・ダイバーシティへ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の期待作の1つ『ミズ・マーベル』の主役であるカマラ・カーン役に新人のイマン・ヴェラニ(Iman Vellani)が抜擢! ミズ・マーベルが担うものとは何か!? 杉山すぴ豊さんが語ります!

10/ 6 (Tue)
もやもやレビュー

書くべき時間に紡ぐ言葉とは...『小説の神様 君としか描けない物語』

本作の原作小説の作者である相沢沙呼は2020年に発表した「medium 霊媒探偵翡翠」が「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」の第1位、「2019年ベストミステリー」に選ばれ3冠を達成している。現在、ミステリー界で最も勢いのある作家の一人である。

10/ 5 (Mon)
連載
第98回 『パニック・アリゲーター 悪魔の棲む沼』

第98回 『パニック・アリゲーター 悪魔の棲む沼』

お月見も過ぎてすっかり秋ですね。今月の怪獣酋長は、先月の『人喰いワニ ジャイアント・クロコダイル』に続くワニ映画第二弾をお届けします。ボンドガール(ヲタ人気高)が出演するワニ映画です。

10/ 2 (Fri)

ひと言トリビア

281. キン肉マン

キン肉マン:ロビンマスクがキン肉マンに差し入れしたことで知られる「養老牛丼」。現在、養老乃瀧が十数年ぶりに復活させ、再び味わうことができるようになった。

もっと見る

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム