もやもやレビュー
焦りがちな人間は『グロリア』にならえ!

焦りがちな人間は『グロリア』にならえ!

想定外のことが起きると、静かに、あるいはときに大げさにパニック状態に陥るのはおそらく私だけではないだろう。でもその様子はどうも滑稽である。

4/11 (Thu)
もやもやレビュー
チャン・ツィイーの怖すぎて魅力的な怪演『ホースメン』

チャン・ツィイーの怖すぎて魅力的な怪演『ホースメン』

名優デニス・クエイドが連続殺人事件に挑む刑事役を演じる本作は『SAYURI』などのチャン・ツィイーの怖すぎる演技に惹きつけられました。

4/10 (Wed)
もやもやレビュー
ヒッチコックの名作をゆるやかに脚色『ダイヤルM』

ヒッチコックの名作をゆるやかに脚色『ダイヤルM』

ヒッチコックの名作『ダイヤルMを廻せ!』をゆるやかに脚色し、90年代のニューヨークを舞台にした『ダイヤルM』。心理的な駆け引きを交えた"バトル"が見物です。

4/ 9 (Tue)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー

世界的ロックスターの奥さん『プリシラ』

今回紹介するのは、世界的スーパースターのエルヴィス・プレスリーと恋に落ちた女性の、嘘のようで本当の物語。

4/ 8 (Mon)
もやもやレビュー
「熱狂的ファン」と「ストーカー」の境界線とは......『ザ・ファン』

「熱狂的ファン」と「ストーカー」の境界線とは......『ザ・ファン』

あなたには「推し」がいますか? 有名人や配信者を好きになったことはありますか? そして普段の生活を忘れてしまうほどその人に熱中したことはありますか?

4/ 5 (Fri)
もやもやレビュー
デジタルネイティブのZ世代がGoogleスキルで事件を追う『search/#サーチ2』

デジタルネイティブのZ世代がGoogleスキルで事件を追う『search/#サーチ2』

全編パソコン画面上でストーリーが展開していく異色スリラー『search/サーチ』の続編。デジタルネイティブの女の子がGoogleスキルを駆使して行方不明の母親を探します。

4/ 4 (Thu)
もやもやレビュー
【無観客! 誰も観ない映画祭】第31回『魔獣大陸』

【無観客! 誰も観ない映画祭】第31回『魔獣大陸』

今月も開幕しました。「無観客! 誰も観ない映画祭」。2024年4月の作品は、70年代に子どもだったみんなにとってのトラウマ作品『魔獣大陸』。シーサーペン太さんがお届けします。

4/ 3 (Wed)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

もやもやレビュー

すれ違いの先にある未来は?『パスト ライブス/再会』

本作は、移住によって離れ離れになった幼なじみのふたりが24年後、36歳の夏にNYで再会する7日間を描く、大人のラブストーリー。

4/ 2 (Tue)
もやもやレビュー

人生なにが起きるかわからないから楽しい。『ブルックリンでオペラを』

人生で一度決めたことをひっくり返すようなことはだれにとってもなかなか勇気のいる決断だ。だけど、そうしてまでも変えたいと思えるなにかに出逢ったとしたら......というストーリー。

4/ 1 (Mon)

俺に用か?
(タクシードライバー)

もやもやレビュー
鬼才アルフレッド・ヒッチコックがつくるドンデン返し『レベッカ』

鬼才アルフレッド・ヒッチコックがつくるドンデン返し『レベッカ』

 数々の名作を世に出してきた鬼才アルフレッド・ヒッチコック。『めまい』『サイコ』『鳥』などたくさんの素晴らしい作品の中でも、私のお気に入り『レベッカ』(1940年)を今回はご紹介。

3/29 (Fri)
もやもやレビュー
シングルマザーを追い詰めたものは何か『子宮に沈める』

シングルマザーを追い詰めたものは何か『子宮に沈める』

2010年、実際に大阪で起きた二児餓死事件。これをモデルに作られた『子宮に沈める』は、「見た後に落ちる映画」という声がネットで多くありましたが......

3/28 (Thu)
もやもやレビュー

天才科学者の栄光と没落の生涯『オッペンハイマー』

第96回アカデミー賞で最多となる13部門にノミネートされ、同じく最多となる7部門を制覇した『オッペンハイマー』がついに日本で公開。

3/27 (Wed)
もやもやレビュー

オピオイド危機を考える『美と殺戮のすべて』

今回紹介する本作は2022年のヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞している。例年とは全く毛色の違う作品に『美と殺戮のすべて』とはどんな作品なのだろうかと疑問に思っていた。

3/26 (Tue)
もやもやレビュー

『月刊予告編妄想かわら版』2024年4月号

毎月下旬頃に、翌月公開の映画を各週一本ずつ選んで、その予告編を見てラストシーンやオチを妄想していく碇本学さんによる『月刊妄想かわら版』!2024年4月号は『悪は存在しない』など4作品の予告編から妄想します。

3/25 (Mon)

ひと言トリビア

372.『インターステラー』

『インターステラー』:本物(実写)にこだわるクリストファー・ノーラン監督は、撮影のため500エーカーものトウモロコシ畑をイチから栽培。コーンは収穫して利益も得たそうだが、やることのスケールが違う...。

もっと見る

BOOK STANDプレミアム