もやもやレビュー
爆裂メタル兄ちゃんが家族愛を取り戻す『メタルヘッド』

爆裂メタル兄ちゃんが家族愛を取り戻す『メタルヘッド』

メタリカの楽曲をバックに奇妙奇天烈な男が巻き起こす、ある家族の再生物語。

12/12 (Tue)
ネタ劇場
サルワクの世界を生んだウィル博士のエイプ愛が伝わるセリフ。『猿の惑星:創世記』から。

サルワクの世界を生んだウィル博士のエイプ愛が伝わるセリフ。『猿の惑星:創世記』から。

ウィルがシーザーを我が子のように育てていく、人間とエイプとの愛情に心打たれる本作。エイプ愛がつまったウィル博士の英語のセリフを紹介します!

12/ 8 (Fri)
もやもやレビュー

真実とは何か? 考えるきっかけを与えてくれる。『否定と肯定』

ホロコーストはあったのか? それとも、なかったのか? ロンドンで実際にあった裁判を描いた法廷劇『否定と肯定』が明日公開! レイチェル・ワイズがとにかくすごい!

12/ 7 (Thu)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー
「女性のための娯楽」に新しいジャンルが加わった。『マジック・マイク XXL』

「女性のための娯楽」に新しいジャンルが加わった。『マジック・マイク XXL』

イケメンたちがセクシーに踊り、イケイケの姉ちゃんたちが発狂し、札束をばらまく。日本では考えられない新しいストリッパー文化を見せつけてくれた作品の第二弾『マジック・マイク XXL』は、さらにエロさがパワーアップです。

12/ 5 (Tue)
もやもやレビュー
「ダンナは男だ」ということを忘れてないですか?『ノック・ノック』

「ダンナは男だ」ということを忘れてないですか?『ノック・ノック』

どんなダンナでも男には変わりはない。注意しなくては狼に変身してしまうかも......そんな、女性にとてつもない恐怖感を与える作品がキアヌ・リーヴス主演『ノック・ノック』。

12/ 4 (Mon)
連載
第64回<怪獣ブーム50周年企画 PART-10>『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』

第64回<怪獣ブーム50周年企画 PART-10>『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』

今月の怪獣酋長は、久々の怪獣ブーム50周年企画! 実はとっても人気があるミニラが登場する『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』です。

12/ 1 (Fri)
もやもやレビュー
勝ち組男子になるには「子どもっぽさ」が必要!? 『ビッグ』

勝ち組男子になるには「子どもっぽさ」が必要!? 『ビッグ』

コナンの逆で、「体はオトナ頭脳はコドモ」状態の少年が主人公の本作には、勝ち組男子になるための秘訣がいっぱい詰まっていました。

12/ 1 (Fri)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

連載
第55回 マーベルとDCの違いってなんだろう?

第55回 マーベルとDCの違いってなんだろう?

杉山すぴ豊さんの考える「マーベル」と「DC」の違いとは? 映画『ジャスティス・リーグ』の話題も!

11/28 (Tue)
もやもやレビュー

"要領のいいヤツ"を非難するより真似してみる!?『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

 要領よく生きる人、不器用に生きる人。どちらかというと後者のほうが素敵に見えますが、実は前者だって真似するべき生き方!?...

11/27 (Mon)

俺に用か?
(タクシードライバー)

連載
プロレスラー俳優法則探訪:「デカくなくても需要はある法則」ロディ・パイパー

プロレスラー俳優法則探訪:「デカくなくても需要はある法則」ロディ・パイパー

プロレスラー全てがデカイ人なハズもなく、"ちょっとマッチョな普通の人?"くらいのタイプもいるワケです。その中でやたら出演作が多いのが、"ラウディ"ロディ・パイパー。

11/24 (Fri)
もやもやレビュー

五感で存分に楽しむ至福のひととき。『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

モーツァルト生誕260年記念作品『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』が、 12月2日(土)より全国順次公開! アナイリン・バーナード演じるモーツァルトがイケメン!

11/23 (Thu)
もやもやレビュー
メンタル弱いと、いろいろ損する。『ガール・オン・ザ・トレイン』

メンタル弱いと、いろいろ損する。『ガール・オン・ザ・トレイン』

本作の主人公はアルコール中毒の女性で、そしてメンタルが弱いという普通ならサブキャラでいそうなキャラクター。そんな主人公レイチェルを演じたのは『プラダを着た悪魔』や『オール・ユー・ニード・イズ・キル』で知られるエミリー・ブラントです。

11/20 (Mon)
もやもやレビュー
恋愛映画なのかギャグ映画なのか判断に迷う『後悔なんてしない』

恋愛映画なのかギャグ映画なのか判断に迷う『後悔なんてしない』

昨今、巷ではLGBTの権利向上に関する運動をよく見聞きする。筆者がかつて勤めていた会社ではさまざまなセクシャルマイノリティが差別を受けることなく普通に働いていたので、運動と言われても「世間ではそんなに酷い差別が横行しているのだろうか?」という疑問が湧く。

11/17 (Fri)
もやもやレビュー

人ごとではいられない! 次に巻き込まれるのはもしかしてあなたかも!? 『まともな男』

2016年スイス映画賞で最優秀脚本賞を受賞した鬼才レビンスキー監督の作品が初めて日本に上陸。『まともな男』 11月18日(土)より新宿K's cinemaほか全国ロードショーです!

11/15 (Wed)

ひと言トリビア

271. 魔女の宅急便

『魔女の宅急便』:劇中で画家のウルスラが描いた絵は、青森の八戸市立湊中学校の養護学級の生徒たちによる版画作品『虹の上をとぶ船』が元になっている。

もっと見る

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧