もやもやレビュー
超異常現象の実験中に被験者と恋に落ちたら。『テスター・ルーム』

超異常現象の実験中に被験者と恋に落ちたら。『テスター・ルーム』

1970年代のイギリスを舞台に、超異常現象を研究する大学教授とそのチームが体験する恐怖を描いたサスペンススリラー『テスター・ルーム』。本編冒頭では「実話から着想を得て作られた」と表示されますが、実話と考えたらとっても恐ろしい世界が本作には広がっていました。

4/22 (Thu)
もやもやレビュー
強情な人にも弱みがある『ファントム・スレッド』

強情な人にも弱みがある『ファントム・スレッド』

ひとりひとりの人間に説明書がついていたら、好奇心のあまりちょっと覗いてしまうと思う。でもきっと、ページ数は相当なものになる。なにせその日の気分や一緒にいる人によって、人の態度は多少変わってくるのだから。

4/21 (Wed)
もやもやレビュー

本への愛が溢れる『ブックセラーズ』

電子化が進み本の存在が少しずつ衰退している昨今。それでもページをめくってその手が止められないあの感覚は至福であり、本を読むということは自分の知らない世界を知ると同時に自分の内面と自然と向き合う作業であったりもする。

4/19 (Mon)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー

人を殺めることに葛藤する完全無欠の暗殺者『AVA/エヴァ』

 『ゼロ・ダークシティ』などのジェシカ・チャスティンを主演に迎え、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のテイト・テイラー監督がメガフォンをとった最新作『AVA/エヴァ』。4月16日(金)に公開を迎えた本作は、"ド派手なアクション"だけでなくヒューマンドラマとしても楽しめる一本。

4/16 (Fri)
もやもやレビュー

子供にみせる親の背中『約束の宇宙(そら)』

本作は宇宙飛行士の母親と娘の絆の物語であり、娘の成長ストーリーであると共に家族の成長ストーリーにもなっている。母親の職業は宇宙飛行士ということで、身近なものではないし感情移入しにくいのではないかという思いもあったが取り越し苦労であった。

4/15 (Thu)
もやもやレビュー

夢の開拓からみるアメリカ。『ミナリ』

ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞した本作。アメリカの映画ながら韓国出身の家族が話の中心にあり、言語の多くが外国語(韓国語)ということで外国語映画という扱いになり物議を醸した。

4/13 (Tue)
連載
第91回 なぜ『ゴジラvsコング』であって『ゴジラvsキングコング』ではないのか?

第91回 なぜ『ゴジラvsコング』であって『ゴジラvsキングコング』ではないのか?

5月14日(金)にいよいよ公開の『ゴジラvsコング』! 杉山すぴ豊さんが、アメリカでのゴジラ人気の理由や、キングコングではなく"コング"な理由を納得解説!

4/12 (Mon)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

もやもやレビュー
癒しが必要なあなたに。『ベイマックス』

癒しが必要なあなたに。『ベイマックス』

 2014年に公開されたアクション・ファンタジー映画『ベイマックス』。実は、アイアンマンやキャプテン・アメリカなどで知られるマーベル・コミック「ビッグ・ヒーロー・シックス」が本作の原作なのです。

4/ 9 (Fri)
もやもやレビュー
アカデミー賞ノミネート! ピクサーが描く兄弟の絆『2分の1の魔法』

アカデミー賞ノミネート! ピクサーが描く兄弟の絆『2分の1の魔法』

マーベル俳優のトム・ホランドとクリス・プラットが声優を担当したことで話題のピクサー長編映画『2分の1の魔法』。3月15日、新たにアカデミー賞ノミネーションが発表され、長編アニメーション部門にノミネートされました。

4/ 8 (Thu)

俺に用か?
(タクシードライバー)

もやもやレビュー
いつ観ても笑えるのはなぜだろう『ビーン』

いつ観ても笑えるのはなぜだろう『ビーン』

イギリスで誕生し、その後世界中で愛されているおじさんキャラクター、Mr.ビーン。テレレビシリーズとして人気を博した後、1997年に映画『ビーン』が公開されました。

4/ 7 (Wed)
もやもやレビュー
ホラー初心者におすすめ!芸人の心霊レポート『事故物件 恐い間取り』

ホラー初心者におすすめ!芸人の心霊レポート『事故物件 恐い間取り』

芸人の松原タニシが番組企画をきっかけに事故物件に住み始め、経験したことを記録した実話怪談集「事故物件怪談 恐い間取り」。KAT-TUNの亀梨和也が主演、そして『貞子』の中田秀夫監督がメガホンをとり映画化されました。

4/ 6 (Tue)
連載
第104回『クイーン・コング』

第104回『クイーン・コング』

春爛漫の今日この頃。新年度を迎えた1発目は、元祖『キング・コング』(33年)の亜流映画の一つで雌のコングが題材の『クイーン・コング』。初公開の瞬間に立ち会った怪獣酋長より、愛のこもったレビューをお届けします!

4/ 1 (Thu)
もやもやレビュー
ハトに愛着が湧く『ゴースト・ドッグ』

ハトに愛着が湧く『ゴースト・ドッグ』

公園に行っても大都会に出かけても、何かと視界に入り込んでくる鳥、ハト。生きてるうちに何度も遭遇しているのに、そっと近づいても逃げられるばかりで、なかなか距離を縮められない。

3/30 (Tue)
もやもやレビュー
裕福なのに盗みに走った『アメリカン・アニマルズ』

裕福なのに盗みに走った『アメリカン・アニマルズ』

今の生活のままだと、なにか物足りない。どうしようと考えた挙句、よく行く飲食店で、普段頼まないメニューをあえて注文してみる。ちょっとした刺激を味わう方法としては悪くない。でもそれでは刺激が満たされない。そんなときはどう出るか。

3/29 (Mon)

ひと言トリビア

294. 『るろうに剣心 京都大火編』

瀬田宗次郎を演じた俳優・神木隆之介。実は原作を読み始めた際に宗次郎に一目ぼれし、出演が決まる前から役作りを始めていた。彼の宗次郎抜擢は、なるべくしてなったのかもしれない。

もっと見る

BOOK STANDプレミアム