もやもやレビュー

『月刊予告編妄想かわら版』2022年2月号

毎月下旬頃に、翌月公開の映画を各週一本ずつ選んで、その予告編を見てラストシーンやオチを妄想していく碇本学さんによる『月刊妄想かわら版』! 2月は『ゴーストバスターズ/アフターライフ』など4作品の予告編から妄想します。

1/25 (Tue)
もやもやレビュー

アカデミー賞の期待高まる『コーダ あいのうた』

アカデミー賞の前哨戦とも言われるゴールデングローブ賞にノミネートされ、アカデミー賞でのノミネートも有力視されている本作。...

1/24 (Mon)
もやもやレビュー
ジョニー・デップ初の監督作品『ブレイブ』を見て彼の偉大さを再確認

ジョニー・デップ初の監督作品『ブレイブ』を見て彼の偉大さを再確認

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られる人気俳優のジョニー・デップ。ここ数年、私生活の離婚問題などで裁判となり、さらに昨年名誉毀損裁判で敗訴したことで『ファンタスティック・ビースト』最新作を自ら降板するなど、悲しいことに大スクリーンに姿をあまり見せなくなってしまいました。

1/21 (Fri)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー
青春音楽と人のあたたかさ『サヨナラまでの30分』

青春音楽と人のあたたかさ『サヨナラまでの30分』

新型コロナウイルスのパンデミック発生後、以前よりも人間関係を作ることが難しいと感じ、「どうやって友達を作っていたのだろう?」と悩む方も少なくないはず。そんな方にぜひおすすめしたい一作です。

1/20 (Thu)
もやもやレビュー
人気小説がテーマの密室ミステリー 『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

人気小説がテーマの密室ミステリー 『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

もう20年近く前のことになるが、一世を風靡し映画化もされた小説「ダヴィンチ・コード」のヒットはまだ記憶に新しい。作者のダン・ブラウンのバックグラウンドはというと、著名な数学者の父と敬虔なキリスト教徒の母。そして妻は美術史研究者で画家。

1/17 (Mon)
もやもやレビュー

雪の中でも心温まる『ユンヒへ』

韓国から届いた静かなラブストーリー。韓国のアカデミー賞と言われる、青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞の2冠に輝いた作品。韓国で暮らすシングルマザーのユンヒが、長年連絡を絶っていた初恋の女性から一通の手紙を受け取ったことから物語は始まる。

1/14 (Fri)
もやもやレビュー
巨匠が描く初老男のアートと恋『鑑定士と顔のない依頼人』

巨匠が描く初老男のアートと恋『鑑定士と顔のない依頼人』

以前このコラムでも紹介した恋愛映画『ある天文学者の恋文』と同じく、ジュゼッペ・トルナトーレ監督、音楽はエンニオ・モリコーネという『ニュー・シネマ・パラダイス』コンビによる恋愛ミステリー映画が『鑑定士と顔のない依頼人』である。

1/11 (Tue)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

もやもやレビュー

【無観客! 誰も観ない映画祭】第4回『タイガーシャーク』

2022年は寅年! シーサーペン太さんによる連載「無観客! 誰も観ない映画祭」の新年一発目は、虎は虎でも『タイガーシャーク』で明けましておめでとうございます!

1/ 6 (Thu)
もやもやレビュー
死後の新たな形『ワンダフルライフ』

死後の新たな形『ワンダフルライフ』

死後にこんな時間が用意されていたらいい。是枝裕和監督の『ワンダフルライフ』(1998年)にはそんな理想を抱いてしまいそうな、生と死のはざまが描かれている。

1/ 5 (Wed)

俺に用か?
(タクシードライバー)

もやもやレビュー
ぶっ飛んでいて、和める『サイボーグでも大丈夫』

ぶっ飛んでいて、和める『サイボーグでも大丈夫』

私の近くには、どんなときも陽気なハワイ生まれの子がいる。写真に写るときはお決まりのアロハサイン。誰とでも家族のように仲良くなれる。彼の開放的なムードを1日でも自分のものにできたら東京中の人と仲良くなれそうだ(少し言い過ぎ)。

12/30 (Thu)
もやもやレビュー

『月刊予告編妄想かわら版』2022年1月号

毎月下旬頃に、翌月公開の映画を各週一本ずつ選んで、その予告編を見てラストシーンやオチを妄想していく碇本学さんによる『月刊妄想かわら版』! 1月は4作品の予告編からを妄想します。

12/27 (Mon)
もやもやレビュー
いつ見返しても抜群に怖い!ハリウッド版ジャパニーズホラー『ザ・リング』

いつ見返しても抜群に怖い!ハリウッド版ジャパニーズホラー『ザ・リング』

1998年に大ヒットし、その後日本を代表するホラー映画となった『リング』。そんな本作がナオミ・ワッツを主演に迎え2002年にアメリカでリメイクされました。映画『ザ・リング』は、VHSなんてもう使わないこの時代に見返しても、やっぱり抜群に怖かったです。

12/23 (Thu)
もやもやレビュー
愛する人をどこまで知っているのか『嘘を愛する女』

愛する人をどこまで知っているのか『嘘を愛する女』

長澤まさみと高橋一生共演の映画『嘘を愛する女』。ザ・できる女、キャリアウーマンの女性と、優しさあふれる男性のラブストーリーは意外なサスペンスの方向へと展開していきます。

12/21 (Tue)
もやもやレビュー
美しいひと夏の恋。『君の名前で僕を呼んで』

美しいひと夏の恋。『君の名前で僕を呼んで』

17歳の少年が24歳のアメリカ人男性に恋をする。北イタリアを舞台とした一夏の恋を描いた映画『君の名前で僕を呼んで』を鑑賞しました。今や注目作品に引っ張りだこのティモシー・シャラメと『コードネームU.N.C.L.E.』などのアーミー・ハマー共演。

12/20 (Mon)

ひと言トリビア

309. 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』:女子トイレに棲み憑くゴースト・嘆きのマートルを演じたシャーリー・ヘンダーソン。驚くことに、マートルを初めて演じた当時は36歳だったそうだ。恐るべき、童顔の持ち主...。

もっと見る

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム