ネタ劇場
『キル・ビル vol.1』に登場する日本語セリフは英語訳もカッコイイ。

『キル・ビル vol.1』に登場する日本語セリフは英語訳もカッコイイ。

 2003年に公開されたクエンティン・タランティーノ監督アクション作品『キル・ビル vol.1』。どれもアサシンらしいカッコイイ日本語のセリフですが、英語訳はもっとカッコイイ!!

4/20 (Fri)
連載
【TDR35周年】開園記念日にセレモニー開催!35年前のメモリアルな場所で:東京ディズニーリゾート特集

【TDR35周年】開園記念日にセレモニー開催!35年前のメモリアルな場所で:東京ディズニーリゾート特集

4月15日(日)、東京ディズニーランドにて、東京ディズニーリゾート史上最大の祭典「東京ディズニーリゾート35周年"Happiest Celebration!"」の開幕を祝うオープニングセレモニーが開催されました。

4/17 (Tue)
もやもやレビュー
『ラッシュアワー』はジャッキー・チェン作品初心者におすすめ!

『ラッシュアワー』はジャッキー・チェン作品初心者におすすめ!

1998年の大ヒットアクション映画『ラッシュアワー』。シリーズ化もされている本作ですが、現在4作目が製作進行中というニュースが発表され、世界中のファンを賑わせています。

4/16 (Mon)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー
一流コメディアン、アダムが送る

一流コメディアン、アダムが送る "最低の父親像"。『俺のムスコ』

これまでコメディ作品を幾つも世に送り出してきたアダム・サンドラー。彼がクレイジーな父親役を好演した『俺のムスコ』を今回はご紹介します。タイトルを聞いて「むむ、下ネタかな?」と思う方もいるかもしれませんが、本作は父と子の絆を描いた感動作でもあるのです。

4/13 (Fri)
もやもやレビュー
玉の輿にのれる女性の特徴をおさらい。『フィフティ・シェイズ・ダーカー』

玉の輿にのれる女性の特徴をおさらい。『フィフティ・シェイズ・ダーカー』

一般のOLがネット上に公開し、累計1億部を記録したベストセラー小説の映画版『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。若きCEOと、恋愛初心者である女子大生の歪んだ恋愛事情を描いた本作は、センセーショナルなストーリーで日本でも話題を呼びました。

4/12 (Thu)
もやもやレビュー
独身は楽しくてハッピーで最高!『ワタシが私を見つけるまで』

独身は楽しくてハッピーで最高!『ワタシが私を見つけるまで』

『そんな彼なら捨てちゃえば?』の原作者であるリズ・タシーロの小説を映画化した『ワタシが私を見つけるまで』。ニューヨークに住む女性の独身ライフを描いたラブコメ作品である本作は独身生活をプラスに描いていて、女性を元気にさせてくれる作品なんです!

4/10 (Tue)
連載
第21回 「ベイマックス ザ・シリーズ」:菅野美穂さん&小泉孝太郎さんインタビュー

第21回 「ベイマックス ザ・シリーズ」:菅野美穂さん&小泉孝太郎さんインタビュー

ディズニー映画『ベイマックス』の続編『ベイマックス ザ・シリーズ』が、テレビシリーズとして戻ってくる! 映画ライターの鴇田崇さんが、キャス役の菅野美穂さん、タダシ役の小泉孝太郎さんを直撃!

4/ 9 (Mon)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

ネタ劇場
ヤケになった時に使えるスラングを『タミー Tammy』から。

ヤケになった時に使えるスラングを『タミー Tammy』から。

仕事を失い、夫に浮気されてしまってヤケになってしまった女性が、アルコール中毒の祖母と旅に出るコメディドラマ作品『タミー Tammy』から、ヤケクソになったときに使えるセリフをご紹介!

4/ 6 (Fri)
もやもやレビュー
極限状態を体験して、戦争について改めて考える。『ダンケルク』

極限状態を体験して、戦争について改めて考える。『ダンケルク』

第90回アカデミー賞3部門受賞の2017年作品『ダンケルク』。クリストファー・ノーランがメガフォンをとり、第二次世界大戦での"ダンケルクの大撤退"を描いています。

4/ 5 (Thu)

俺に用か?
(タクシードライバー)

連載
第59回 思春期の映画体験のこと

第59回 思春期の映画体験のこと

杉山すぴ豊さんが語る、思春期に見た映画と、その後の映画人生との関係性について。

4/ 3 (Tue)
連載
第68回 『リンダ・ブレアのグロテスク』

第68回 『リンダ・ブレアのグロテスク』

今月の怪獣酋長は、辻一弘さんのアカデミー賞を祝してこの一作。読んでいただけると、セレクトの理由がわかると思います。

4/ 2 (Mon)
もやもやレビュー

"悪をもって悪を制す"映画作品の原点。『羊たちの沈黙』

DCコミックの悪党キャラが大活躍した人気作『スーサイド・スクワッド』など、"悪をもって悪を制す"ストーリーは、さまざまなジャンルで人気を博していますが、原点はやっぱり名作『羊たちの沈黙』!

3/30 (Fri)
もやもやレビュー
音楽が元気をくれる『はじまりのうた』

音楽が元気をくれる『はじまりのうた』

第60回グラミー賞で、ブルーノ・マーズが6部門を受賞した。ということは、受賞発表とトロフィー授与のたびにスピーチをするのだけれど、とりわけ「最優秀アルバム賞」を受け取った時のスピーチがよかった。

3/27 (Tue)
もやもやレビュー
過去と未来に悩んだら『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

過去と未来に悩んだら『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

今いちばん動向が気になる役者といえば、アダム・ドライヴァーかもしれない。最初に目にしたのは、ドラマ「GIRLS」で、レナ・ダナムが演じる主人公の恋人 <アダム> を演じていたアダム。といっても最初はベッドシーンが多くて、ほぼ裸か半裸...。役柄上いけ好かない奴と感じていたのに、徐々に変人っぷりと色気に拍車がかかり、あれ、この人けっこう素敵かもと思ったのだった。

3/26 (Mon)

ひと言トリビア

281. キン肉マン

キン肉マン:ロビンマスクがキン肉マンに差し入れしたことで知られる「養老牛丼」。現在、養老乃瀧が十数年ぶりに復活させ、再び味わうことができるようになった。

もっと見る

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム