もやもやレビュー
17歳のスカーレット・ヨハンソンが演じる名画の裏側『真珠の耳飾りの少女』

17歳のスカーレット・ヨハンソンが演じる名画の裏側『真珠の耳飾りの少女』

誰もが知っている名画であろう、フェルメール「青いターバンの少女」=真珠の耳飾りの少女から空想された原作小説を映画化した作品である。

1/26 (Tue)
もやもやレビュー

リアルフードサバイバル『プラットフォーム』

忘れられない胸糞映画となった...。(これが最大の褒め言葉になるかと) この映画の世界は私たちが普段過ごしている平坦な世界の中に存在する上級階級とその下にいる人達の生活をリアルな形で上から下の階層に分かれた「穴」のあいた建物として表現している。

1/25 (Mon)
もやもやレビュー
ありふれた青春を美しい世界に昇華させる『レディバード』

ありふれた青春を美しい世界に昇華させる『レディバード』

監督グレタ・カーヴィグの撮影風景を見るのが好きだ。さらりとしたオーバーシャツを腕まくりしている時も、ワンピース姿でヘッドフォンを首に引っ掛けている時も。ジャッケット姿でノートパソコンを叩いているのもいい。

1/22 (Fri)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー
苦く美しい恋と死を描く『世界一キライなあなたに』

苦く美しい恋と死を描く『世界一キライなあなたに』

いかんせんダサい邦題になってしまったが、原題は「Me Before You」。ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークと、「あと1センチの恋」のサム・クラフリンによる『世界一キライなあなたに』を紹介したい。

1/21 (Thu)
もやもやレビュー
最後には、愛が勝つ?『ビッグ・ダディ』

最後には、愛が勝つ?『ビッグ・ダディ』

朝目覚めたらいきなり父親になっていた、という話は、そこまで頻繁に聞かないだろう。『ビッグ・ダディ』(1999年)は、主人公のソニー(アダム・サンドラー)が、ある日突然、自分の家の前に現れた幼い男の子の父親になる、という話である。

1/20 (Wed)
連載
第89回 DCもマーベルもマルチプラットフォームがこれからの主流!

第89回 DCもマーベルもマルチプラットフォームがこれからの主流!

ディズニープラスで配信が始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作の『ワンダヴィジョン』。その意味するものと、今後の展開は? アメキャラ界の第一人者・杉山すぴ豊さんが解説します!

1/18 (Mon)
もやもやレビュー
たぶん、絶対ピザが食べたくなる『ミスティック・ピザ』

たぶん、絶対ピザが食べたくなる『ミスティック・ピザ』

ついおなかがぐぅと鳴る映画がある。映画の名前は、『ミスティック・ピザ』(1988年)。題名は、主人公の女子3人がアルバイトするピザ屋の名前である。

1/15 (Fri)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

もやもやレビュー
たまらなく甘酸っぱい『好きにならずにいられない』

たまらなく甘酸っぱい『好きにならずにいられない』

薄暗いキッチン。100キロを優に超える中年男性が、独りでチョコシリアルをたっぷりの牛乳に浸して食べている。髪は結べるくらいの長さだけれど、生え際は薄い。

1/14 (Thu)
もやもやレビュー
部下との上手なコミュニケーション方法を学ぶ『ボーン・コレクター』

部下との上手なコミュニケーション方法を学ぶ『ボーン・コレクター』

 部下が育たない......!若者たちの教育に頭を抱えている人は多いはず。そんな方におすすめなのがクライム・サスペンス映画『ボーン・コレクター』。

1/12 (Tue)

俺に用か?
(タクシードライバー)

もやもやレビュー
「可愛い」が溢れ出す......! 大男の優しさに胸キュン『好きにならずにいられない』

「可愛い」が溢れ出す......! 大男の優しさに胸キュン『好きにならずにいられない』

アイスランド&デンマーク製作の恋愛映画『好きにならずにいられない』。ロン毛の薄い頭髪にボサボサひげ、そしてぽっちゃり体型の無表情な男が口にミルクをつけているジャケットに一目惚れ。ほっこりできそう!そんなイメージのみで手に取りましたが、なんともほろ苦い恋愛映画でした。

1/ 8 (Fri)
もやもやレビュー
もどかしい恋模様とともに楽しむリトル・イタリーの風景『ハッピー・シェフ!恋するライバル』

もどかしい恋模様とともに楽しむリトル・イタリーの風景『ハッピー・シェフ!恋するライバル』

ヘイデン・クリステンセンとエマ・ロバーツが主演を務めた映画『ハッピー・シェフ! 恋するライバル』はリトル・イタリーへ"空想旅行"するのにぴったり。

1/ 7 (Thu)
もやもやレビュー
過激アクション満載!あなたは 英国紳士派?それともワイルドなアメリカン派?『キングスマン:ゴールデン・サークル』

過激アクション満載!あなたは 英国紳士派?それともワイルドなアメリカン派?『キングスマン:ゴールデン・サークル』

華麗なスパイを描いた大ヒット映画『キングスマン』の続編、『キングスマン:ゴールデン・サークル』。スパイ映画が好きなら、お腹一杯になる程のアクションが満載です。

1/ 6 (Wed)
もやもやレビュー

ありのままの自分をさらけ出した恋愛はどうなる?『エマの秘密に恋したら』

『お買いもの中毒な私!』原作者のベストセラー小説を、『ベイウォッチ』や『カリフォルニア・ダウン』で知られるアレクサンドラ・ダダリオを主演に迎え映画化した『エマの秘密に恋したら』。

1/ 5 (Tue)
連載
第101回 『ホワイト・バッファロー』

第101回 『ホワイト・バッファロー』

あけましておめでとうございます。今年一発目の怪獣酋長は、毎年恒例の干支にちなんだ生物パニック映画をご紹介! チャールズ・ブロンソン主演の70年代ハリウッド大作『ホワイト・バッファロー』で、年始から漢気にやられよう!

1/ 4 (Mon)

ひと言トリビア

290. 『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』:各省庁の管轄が混在して封鎖できない設定のレインボーブリッジ。脚本担当の君塚良一氏は取材中に"警察の権限で簡単に封鎖できる"と知ったが、「聞かなかったことに」したそう。

もっと見る

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム