もやもやレビュー

新しい妊娠の形はまさかの卵型ポッド『ポッド・ジェネレーション』

AIが発達した近未来。持ち運び可能な卵型の《ポッド》で赤ちゃんを育てるカップルを描いたSFラブコメディをご紹介します。

12/ 5 (Tue)
もやもやレビュー
【無観客! 誰も観ない映画祭】第27回 『ネクロマンティック』

【無観客! 誰も観ない映画祭】第27回 『ネクロマンティック』

今月も開幕しました。「無観客! 誰も観ない映画祭」。12月の作品は、名物映画プロデューサー・叶井俊太郎さんが世に送り出したいわく付き作品『ネクロマンティック』! シーサーペン太さんの解説でお楽しみください!

12/ 4 (Mon)
もやもやレビュー
ミッキー・ローク、キャリア最高の演技『レスラー』

ミッキー・ローク、キャリア最高の演技『レスラー』

元プロボクサーで俳優としても活躍するミッキー・ロークが、"キャリア最高の演技"と高評価を受けた『レスラー』。かつてスターだったレスラーの日常をシンプルに描いた本作ですが、かなり泣ける内容に仕上がっています。

12/ 1 (Fri)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー
星の記憶とともに生きる愛の物語『スーパーノヴァ』

星の記憶とともに生きる愛の物語『スーパーノヴァ』

死がふたりを分つときまで。と、きっと誓いあっただろう、20年もの歳月を共にしてきた往年のゲイカップルの最終章である。

11/30 (Thu)
もやもやレビュー
人生との向き合い方を坂本龍一に教わる『Ryuichi Sakamoto: CODA』

人生との向き合い方を坂本龍一に教わる『Ryuichi Sakamoto: CODA』

これから先、どんな時間を過ごしていきたいか。感染症という言葉を日常的に耳にするようになってから、そんなことをぼんやりと考えはじめた人もいるかもしれない。

11/28 (Tue)
もやもやレビュー

『月刊予告編妄想かわら版』2023年12月号

毎月下旬頃に、翌月公開の映画を各週一本ずつ選んで、その予告編を見てラストシーンやオチを妄想していく碇本学さんによる『月刊妄想かわら版』!2023年12月号は『枯れ葉』など4作品の予告編から妄想します。

11/27 (Mon)
もやもやレビュー
グリンチが好きな人にもおすすめできる『Shall we ダンス?』

グリンチが好きな人にもおすすめできる『Shall we ダンス?』

何かをきっかけにとびっきりいやなヤツのなかに良心が芽生えて、だんだんとあたたかい人へ変わっていく。こういった話はあるあるで展開も読めるはずなのに、クレジットが流れるころに涙も同時に流しているのはなぜだろう。

11/22 (Wed)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

もやもやレビュー
反抗期真っ只中の女子vs脱獄したネオナチ凶悪犯『BECKY ベッキー』

反抗期真っ只中の女子vs脱獄したネオナチ凶悪犯『BECKY ベッキー』

13歳といえば、思春期やら反抗期やらが重なる複雑な時期。筆者が振り返っても13歳の時は感情のコントロールが難しく、何に対してもイライラしていたような気がします。

11/21 (Tue)
もやもやレビュー

闇市の裏で鳴り響く銃声の正体『ほかげ』

舞台は『野火』の直後、終戦後の闇市。空襲で家族を亡くし食べ物を盗んで暮らす子供と、売春斡旋された女、戦地から生き延び帰還した男たちの目を通して、戦争で奪われたものと、絶望と闇を抱えたまま混沌の中で生きる人々を、したたかに描き出す。

11/20 (Mon)

俺に用か?
(タクシードライバー)

もやもやレビュー
Uberドライバーが事件に巻き込まれると......『STUBER/ストゥーバー』

Uberドライバーが事件に巻き込まれると......『STUBER/ストゥーバー』

WWEレスラーで俳優としても活躍するデイヴ・バウティスタ演じる警官によって、なんだかんだ大事件に巻き込まれていくドライバーを描いた本作は、軽く見られるコメディを探している人にはぴったり。

11/17 (Fri)
もやもやレビュー
名優アンソニー・ホプキンスが演じるサスペンスの巨匠『ヒッチコック』

名優アンソニー・ホプキンスが演じるサスペンスの巨匠『ヒッチコック』

名優のアンソニー・ホプキンスが、太ったボディスーツと特殊メイクで、超有名監督のアルフレッド・ヒッチコックを演じた作品『ヒッチコック』。彼の『サイコ』にかける思いや彼の私生活を描いており、とても興味深い作品でした。

11/17 (Fri)
もやもやレビュー
『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』が、アニメ化が決定するほど、長年愛され続けている理由

『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』が、アニメ化が決定するほど、長年愛され続けている理由

2011年公開の映画『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』。公開から10年以上経った今、なんとアニメシリーズが製作されることに。

11/13 (Mon)
もやもやレビュー
最新作にもやもやするなら50周年『ゴジラ対メガロ』

最新作にもやもやするなら50周年『ゴジラ対メガロ』

『ゴジラ-1.0』が公開中だ。封切りから三日間の興行収入は、空前の大ヒットといって良いだろう前作『シン・ゴジラ』を上回ったという。内容についても、筆者の観測範囲では好評が不評を大幅に上回っている。

11/10 (Fri)
もやもやレビュー

次世代に届けたい『ぼくは君たちを憎まないことにした』

今回紹介するのはパリ同時多発テロを題材とした映画。2015年11月13日に起こったテロ事件で死者130人負傷者300人以上という大きなテロ事件だった。

11/ 9 (Thu)

ひと言トリビア

371. 『インターステラー』

『インターステラー』:本物(実写)にこだわるクリストファー・ノーラン監督は、撮影のため500エーカーものトウモロコシ畑をイチから栽培。コーンは収穫して利益も得たそうだが、やることのスケールが違う...。

もっと見る

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム