プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

著者:
著者:プチ鹿島
価格:
680円/月 (税込)
発行:
毎週月曜発行予定(祝日の場合は翌日)
最新発行日:
2019年11月18日(月)

「時事芸人」「文系芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクでお届けする毎週更新のメルマガです。
話題の本を読み、独自の解釈で紹介する「この本はこう味わえ」。
時事、芸能、お笑いの見立てと裏と行間を書く「プチコラム」などなど、盛りだくさんの内容を毎週お届け!

開始以来、早くもメルマガのプロの反響も続々。

「有料メルマガって実際どうなの?」では、あの津田メルマガと並んで、「プチ鹿島さんのメルマガはフアンなので購読してます。時事ネタの切り口が非常に面白いです。」と紹介されました。

http://blog.sanowlabs.jp/?p=4216

また、「渡辺文重の有料メルマガ批評」ではプチ鹿島メルマガについて「有料メルマガで書評、といえば「ゲンロンサマリーズ」が知られていますが、決定的に異なる点があります。それは、時事ネタに絡めて面白おかしくまとめているという点です。」「書評に取り上げられるのは、話題の新刊ばかりではありません。“微妙に古い”書籍は、その内容を紹介するだけでも、じゅうぶんに面白いことがあるので、キラーコンテンツと言えるでしょう。」と紹介されました。

http://www.targma.jp/watanabe/2012/10/11/post193/

さぁ、プロも太鼓判のこのメルマガをお試しあれ。

・新規定期購読をお申し込み時には、最新4号分のメルマガが無料でつきます!
・バックナンバー販売もあります。1号あたり170円(paypal払いのみ)。

・Vプリカ利用の一括払いは1ヶ月分おまけがついて、5ヶ月分で2720円となります。

バックナンバー

プロフィール

著者:プチ鹿島

70年生まれ。オフィス北野所属。時事ネタと見立てを得意とする。 自身が参加するポッドキャスト「東京ポッド許可局」はリスナー登録20万人を超え、2011年に開催された番組イベントでは日比谷公会堂に2000人を集める。

注意事項

  • メルマガ購読料のお支払いには、PayPal(クレジットカードまたはVプリカ利用)、またはドコモ、au、SoftBankの携帯キャリア決済がご利用いただけます。
  • 携帯メール、フリーメールをご利用の方は、「webdoku.jp」からのメールが届くよう事前に設定をお願いします。
  • 受信文字数に制限があるメールアドレスでは全文が受信できない可能性があります。受信メールの設定をご確認ください。
  • 初めて定期購読をお申込みの方には、最新4号分のメルマガが無料でつきます。
トップに戻る