BOOKSTAND 出版ニュース

「100年ライフ」が当たり前? 長寿化時代を生きぬくための教科書
2017年5月26日12:00
「100年ライフ」が当たり前? 長寿化時代を生きぬくための教科書
 産業革命、大量生産方式の発達、インターネットの出現など、私たちは技術の発展によってこれまで幾度となく生活を激変させてきた。昨今では、AI(人工知能)にまつわる... 記事を見る »
老舗純喫茶のフワフワたまごサンド
2017年5月26日08:00
老舗純喫茶のフワフワたまごサンド
『きょうの料理ビギナーズ』の人気連載「サカタメシ」。料理研究家の坂田... 記事を見る »
本嫌いを変えたのは、兄からの一言だった!?------アノヒトの読書遍歴:前野健太さん(前篇)
2017年5月25日18:00
本嫌いを変えたのは、兄からの一言だった!?------アノヒトの読書遍歴:前野健太さん(前篇)
シンガーソングライターの前野健太さん。自ら立ち上げたレーベル「romance records」からアルバム『ロマンスカー』をリリースし、2007年にデビュー。ラ... 記事を見る »

>>もっと見る

有料メルマガ

髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」

髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。

かもめんたるの映像コンテンツ

かもめんたるの映像コンテンツ
かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。

ダンカンの『人生は落書き・・・さ』

ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!

週刊かもめんたるワールド

週刊かもめんたるワールド
メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。2015年8月21日スタート!

エレキコミックの「エレマガ。」

エレキコミックの「エレマガ。」
完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。2014年9月15日スタート!

水道橋博士のメルマ旬報

水道橋博士のメルマ旬報
水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。

マキタスポーツの週刊自分自身

マキタスポーツの週刊自分自身
メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。

エレキコミックの映像コンテンツ

エレキコミックの映像コンテンツ
エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。

萩原智子『魂のファイトめし』

萩原智子『魂のファイトめし』
元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。

>>もっと見る

BOOKSTAND映画部!

リミット付き恋愛のトリセツ。『ブルックリンの恋人たち』
2017年5月26日 09:56
もやもやレビュー
リミット付き恋愛のトリセツ。『ブルックリンの恋人たち』
アン・ハサウェイが初めてプロデュースを手がけたラブストーリー『ブルックリンの恋人たち』。切ない恋愛を描いた本作は、何かしらリミットのある恋愛をした時に観たいトリセツ的作品なんです。 記事を見る »
タイプじゃない人と向き合ってみるのも大切。『理想の彼氏』
2017年5月25日 06:30
もやもやレビュー
タイプじゃない人と向き合ってみるのも大切。『理想の彼氏』
もしかしたらタイプじゃない人と向き合うことで、より素敵な恋愛ができるのかもしれない。女性の恋愛観を少し変えてくれる映画と出会いました。 記事を見る »
【映画を待つ間に読んだ、映画の本】 第42回『映画館のまわし者/ある映写技術者のつぶやき』〜現役フィルム映写技師が語る、映画を「見せる」楽しさと喜び。
2017年5月23日 12:00
映画ジャーナリスト ニュー斉藤シネマ1,2
【映画を待つ間に読んだ、映画の本】 第42回『映画館のまわし者/ある映写技術者のつぶやき』〜現役フィルム映写技師が語る、映画を「見せる」楽しさと喜び。
映画ジャーナリスト・斉藤守彦さんの映画"本"評。今回は、映写技師の荒島晃宏さんが綴った映画上映の裏側。ぜひ読んでください。じんわりしみます。 記事を見る »

>>もっと見る

更新履歴

使えるビジネスつぶやき

「得たきものは強いて得るがよし」与謝蕪村

使えるビジネスつぶやき

人気記事ランキング