【水道橋博士のメルマ旬報について】
「水道橋博士のメルマ旬報」は新サイトとしてリニューアルしました。
これまで定期購読会員だった方は、新サイトでは「読み放題+電子書籍」に登録済みとなっております。ぜひご利用ください。

BOOKSTAND 出版ニュース

そのタネ、もう発芽しないかも…? タネの寿命
2019年8月24日
そのタネ、もう発芽しないかも…? タネの寿命
おうちに余った野菜のタネが眠っていませんか? 実は、タネには寿命があ... 記事を見る »
大規模修繕、災害リスク、子育て環境... 住宅ジャーナリストがタワマンを徹底検証
2019年8月23日
大規模修繕、災害リスク、子育て環境... 住宅ジャーナリストがタワマンを徹底検証
 皆さんはタワーマンションと聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか? 一流ホテルのようなラウンジ、高層階からのすばらしい眺望、充実した共用施設などに魅力を感... 記事を見る »
趙治勲名誉名人、令和は「楽しいことを最優先に」
2019年8月23日
趙治勲名誉名人、令和は「楽しいことを最優先に」
紫綬褒章を受章した趙治勲名誉名人。昭和に入段、史上初のグランドスラム... 記事を見る »

>>もっと見る

有料メルマガ

ウーマンラッシュアワー村本大輔の「THE SECRET COMEDY SHOW」

ウーマンラッシュアワー村本大輔の「THE SECRET COMEDY SHOW」
村本大輔が、まさにここだけの秘密の話を、テキストではなく、音声コンテンツや映像メインでお届けします。

marble

marble
女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。

髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」

髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。

かもめんたるの映像コンテンツ

かもめんたるの映像コンテンツ
かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。

週刊かもめんたるワールド

週刊かもめんたるワールド
メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。

エレキコミックの「エレマガ。」

エレキコミックの「エレマガ。」
完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。

水道橋博士のメルマ旬報

水道橋博士のメルマ旬報
水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。

マキタスポーツの週刊自分自身

マキタスポーツの週刊自分自身
メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。

エレキコミックの映像コンテンツ

エレキコミックの映像コンテンツ
エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。

萩原智子『魂のファイトめし』

萩原智子『魂のファイトめし』
元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。

>>もっと見る

BOOKSTAND映画部!

アメリカ伝説の麻薬王は16歳『ホワイト・ボーイ・リック』
2019年8月23日
もやもやレビュー
アメリカ伝説の麻薬王は16歳『ホワイト・ボーイ・リック』
昨年アメリカで公開された『ホワイト・ボーイ・リック』は、日本では劇場未公開だったが、この度DVD化されたので是非チェックしたい一本である。 記事を見る »
真実を見ざる、言わざる、聞かざる『スリー・モンキーズ』
2019年8月22日
もやもやレビュー
真実を見ざる、言わざる、聞かざる『スリー・モンキーズ』
日本人ならば皆が知っているだろう、有名な猿モチーフといえば、日光東照宮にある「見ざる、言わざる、聞かざる」だろう。日本語の語呂合わせだから、日本独自の言葉だと思っていたのだが、これが全く違うらしい。 記事を見る »
優しい男が暴力と出会ったら衝撃のラスト『ドッグマン』
2019年8月21日
もやもやレビュー
優しい男が暴力と出会ったら衝撃のラスト『ドッグマン』
2018年カンヌ国際映画祭主演男優賞、パルム・ドッグ賞を受賞した本作。イタリアのアカデミー賞と言われる、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞ではなんと最多9部門受賞という快挙をなしとげた。 記事を見る »

>>もっと見る

更新履歴