【下北沢の本屋B&B イベントアーカイブ配信中】

下北沢の本屋B&Bで開催したイベントのうちいくつかのアーカイブ動画を販売しています。
http://bookandbeer.com/news/eventarchive-2/
それぞれに期間を設けておりますので、お見逃しなく。

BOOKSTAND 出版ニュース

プロ野球誕生の歩みはまさに戦争そのもの 礎を築いた122名の選手の戦場記録
2024年6月13日
プロ野球誕生の歩みはまさに戦争そのもの 礎を築いた122名の選手の戦場記録
 東京ドームに鎮魂の碑があることをご存知だろうか。そこには、戦没した野球選手の名が刻まれている。昭和11年2月のプロリーグ発足とほぼ同時に日本は戦争へとなだれ込... 記事を見る »
50歳を目前に心と身体がぽきんと折れた...... 不調のどん底からのリハビリを綴ったノンフィクション
2024年6月11日
50歳を目前に心と身体がぽきんと折れた...... 不調のどん底からのリハビリを綴ったノンフィクション
 人生100年時代となり昔に比べて平均寿命もずいぶんと延びました。しかし中年ともなれば着々と歩み寄る「老い」から逃れられないのは自然の摂理なのかもしれません。な... 記事を見る »
あなたの人生は親のものではない――。人気カウンセラーが教える、自分主体で生きることの大切さ
2024年6月6日
あなたの人生は親のものではない――。人気カウンセラーが教える、自分主体で生きることの大切さ
 今では日本でも広く知られている「毒親」という言葉。これは1989年にアメリカの臨床心理セラピストであるスーザン・フォワードが、著書『毒になる親 一生苦しむ子供... 記事を見る »

>>もっと見る

有料メルマガ

週刊かもめんたる槙尾ワールド

週刊かもめんたる槙尾ワールド
かもめんたる槙尾ユウスケが徒然トークをお届けしつつ、定期的にオフ会も実施していきます。

週刊 Life is beautiful

週刊 Life is beautiful
「エンジニアのための経営学講座」を中心としたゼミ形式のメルマガ。

ウーマンラッシュアワー村本大輔の「THE SECRET COMEDY SHOW」

ウーマンラッシュアワー村本大輔の「THE SECRET COMEDY SHOW」
村本大輔が、まさにここだけの秘密の話を、テキストではなく、音声コンテンツや映像メインでお届けします。

&Q

&Q
女優の酒井若菜が編集長となり、新たに創刊するWEBマガジン。月4回、ほぼ週刊でお届けしてまいります。

エレキコミックの「エレマガ。」

エレキコミックの「エレマガ。」
完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。

マキタスポーツの週刊自分自身

マキタスポーツの週刊自分自身
メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。

エレキコミックの映像コンテンツ

エレキコミックの映像コンテンツ
エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。

かもめんたるの映像コンテンツ

かもめんたるの映像コンテンツ
かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。

>>もっと見る

BOOKSTAND映画部!

私たちにできるSDGsについて考える『HOW TO BROW UP』
2024年6月13日
もやもやレビュー
私たちにできるSDGsについて考える『HOW TO BROW UP』
きっと本作は日本で大ヒットする作品ではないだろう。それでも、環境破壊が進んだ先に待つ世界の姿を確認してほしいと思う。 記事を見る »
修道女たちもフツーの女の子な訳で 『天使たちのビッチ・ナイト』
2024年6月12日
もやもやレビュー
修道女たちもフツーの女の子な訳で 『天使たちのビッチ・ナイト』
サンダンス映画祭に出品された異色作。タイトルにギョッとしないで欲しいのは、あくまでも原題が『THE LITTLE HOURS(真夜中すぎ)』だからである。 記事を見る »
寒い街の中であたたまる滋味深い群像劇 『ニューヨーク 親切なロシア料理店』
2024年6月11日
もやもやレビュー
寒い街の中であたたまる滋味深い群像劇 『ニューヨーク 親切なロシア料理店』
ニューヨークのマンハッタン、創業100年を超える古き良きロシア料理店「ウィンター・パレス」。といいつつも、オーナー(ビル・ナイ)は商売下手なため経営が傾いている。 記事を見る »

>>もっと見る

更新履歴