【水道橋博士のメルマ旬報について】
「水道橋博士のメルマ旬報」は新サイトとしてリニューアルしました。
これまで定期購読会員だった方は、新サイトでは「読み放題+電子書籍」に登録済みとなっております。ぜひご利用ください。

BOOKSTAND 出版ニュース

大豆缶&コーン缶でメインおかず
2019年11月21日
大豆缶&コーン缶でメインおかず
たんぱく質豊富な大豆や食物繊維を多く含むコーンは、おいしさはもちろん... 記事を見る »
西田哲学における善と宗教
2019年11月20日
西田哲学における善と宗教
西田幾多郎(にしだ・きたろう)の『善の研究』は四編からなりますが、批... 記事を見る »
ジャマイカ流のもてなしはレゲエでピースフルに
2019年11月20日
ジャマイカ流のもてなしはレゲエでピースフルに
ジャマイカ大使館の心躍るアットホームなおもてなしを演出するのは、大使... 記事を見る »

>>もっと見る

有料メルマガ

ウーマンラッシュアワー村本大輔の「THE SECRET COMEDY SHOW」

ウーマンラッシュアワー村本大輔の「THE SECRET COMEDY SHOW」
村本大輔が、まさにここだけの秘密の話を、テキストではなく、音声コンテンツや映像メインでお届けします。

marble

marble
女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。

髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」

髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。

かもめんたるの映像コンテンツ

かもめんたるの映像コンテンツ
かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。

週刊かもめんたるワールド

週刊かもめんたるワールド
メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。

エレキコミックの「エレマガ。」

エレキコミックの「エレマガ。」
完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。

水道橋博士のメルマ旬報

水道橋博士のメルマ旬報
水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。

マキタスポーツの週刊自分自身

マキタスポーツの週刊自分自身
メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。

エレキコミックの映像コンテンツ

エレキコミックの映像コンテンツ
エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。

萩原智子『魂のファイトめし』

萩原智子『魂のファイトめし』
元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。

>>もっと見る

BOOKSTAND映画部!

悩みなんて吹っとばせ! 元気になれる
2019年11月19日
もやもやレビュー
悩みなんて吹っとばせ! 元気になれる"ゾンビ映画"決定版『ゾンビランド:ダブルタップ』
約10年前、通称"ゾメディ映画"としてカルト的人気を誇り、世界興行収入1億ドルを突破した『ゾンビランド』。その続編にあたる『ゾンビランド:ダブルタップ』がいよいよ11月22日(金)に日本で公開されます! 記事を見る »
ブランドン役のジャクソン・A・ダン、デヴィッド・ヤロヴェスキー監督緊急来日!『ブライトバーン/恐怖の拡散者』公開記念イベント
2019年11月18日
ニュースとイベント
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』絶賛公開中!~『ブランドン役のジャクソン・A・ダン、デヴィッド・ヤロヴェスキー監督緊急来日!『ブライトバーン/恐怖の拡散者』公開記念イベント』
11月15日(金)に公開された『ブライトバーン/恐怖の拡散者(原題:Brightburn)』。公開初日に、ジャクソン・A・ダン、デヴィッド・ヤロヴェスキー監督、そして衣装担当のオータム・スティードが緊急来日! 記事を見る »
ありのままの自分を受け入れるまで『ペネロピ』
2019年11月15日
もやもやレビュー
ありのままの自分を受け入れるまで『ペネロピ』
動植物・生物・人類学者だった故ライアル・ワトソンは『思考する豚』という著書を残している。彼曰く「豚と人間は、どちらも昔から社交的で、遊び好きで、音楽好きで、思いやりがある存在」なのだという。 記事を見る »

>>もっと見る

更新履歴