もやもやレビュー

"空想上の友達"の狂気が美しい。『ダニエル』

『ダニエル』 2月5日(金)公開

 孤独な少年が幼い頃につくり出した"空想上の友達"。しかし、青年になってもその存在が消えなかったとしたら......? 空想上の友達との魅力的で狂気的な関係を描いたスリラー映画『ダニエル』が2月5日(金)に全国公開となります。本作の製作は『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド。そして、ティム・ロビンスの息子マイルズ・ロビンスが大学生の主人公・ルークを演じ、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子、パトリック・シュワルツェネッガーが"空想上の友達"ダニエルを演じます。ハリウッド二世スターが共演も話題となっている本作。恐怖を感じる一方で、美しさも放つなんとも魅惑的な一本でした。

「ダニエル」サブ㈬.jpg

 幼い頃に殺人現場を目撃してから、 "空想上の友達"ダニエルと過ごすようになったルーク。しかし、ある事件をきっかけにダニエルを封印することになります。それから何年も経ち、ルークは冴えない大学生活を送っていました。彼はある日、情緒不安定な母の元を訪れるために実家に戻るのですが、そこでダニエルの封印を解いてしまうのです。久々の親友と再会したルークは、ダニエルの力を借りながらも、日々を楽しんでいきます。しかしその一方で、ダニエルの狂気が徐々に見え隠れしはじめ......。

 前半に描かれるルークとダニエルの美しい魅力を放つラブロマンス的な関係は、羨ましさを抱いてしまうほど。しかし、ダニエルのたまに見せる狂気に満ちた表情が、徐々に観客を恐怖の世界に引きずり込んでいくのです。ルークを演じたマイルズも、ダニエルを演じたパトリックも、どこかしら親の面影が見え隠れしているのも映画ファンとして観ていて楽しい。もちろん演技の質の高さも親から引き継がれています。徐々に狂気に満ちていくダニエルと混乱に飲み込まれるルーク。ふたりの関係の行く末は衝撃的。美しい映像にも注目です。

(文/トキエス)

***
「ダニエル」サブ㈫.jpgのサムネイル画像

『ダニエル』
2月5日(金)公開

監督:アダム・エジプト・モーティマー
出演:マイルズ・ロビンス、パトリック・シュワルツェネッガー、サッシャ・レイン、ハンナ・マークス
配給:フラッグ

原題:Daniel Isn't Real
2019/アメリカ/100分
公式サイト:https://danielmovie.jp/
©2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOK STANDプレミアム