ネタ劇場
ひとことトリビア

初対面の人との会話であわあわしないために! ふと訪れた沈黙の特効薬に!  いつも心ににトリビアを。映画トリビアをひたすら紹介するコーナーです。

320. 『脳男』

320. 『脳男』

『脳男』:一切の感情を出さない殺人マシーン"脳男"を演じた生田斗真。脳男の死んだ目を表現するにあたり、ソファの上で何時間も動かないような"引きこもり生活"を送っていた。これぞ役者魂...。

>> Amazon.co.jp

319. 『ザ・ファブル』

319. 『ザ・ファブル』

『ザ・ファブル』:岡田准一演じる主人公が大好きな芸人・ジャッカル富岡。彼を演じた宮川大輔は"腹が出ていた方が面白い"と考え、前日に特盛3杯を食べて撮影に臨んでいた。まさに"芸人"ならではの役作り!

>> Amazon.co.jp

318. 『グレイテスト・ショーマン』

318. 『グレイテスト・ショーマン』

『グレイテスト・ショーマン』:同作の製作進行中に、鼻を80針縫うような大手術を受けていたヒュー・ジャックマン。当然医者から歌唱禁止を言い渡されていたが、結局我慢できずに1曲まるまる歌い上げたという。

>> Amazon.co.jp

317. 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

317. 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』:天才的知能を持つ青年ウィルを演じたマット・デイモンだが、実はマット自身もIQ160を誇る天才らしい。ちなみに中退こそすれど、大学はハーバード大学。

>> Amazon.co.jp

316. 『マトリックス』

316. 『マトリックス』

『マトリックス』:倹約家として知られる大スター、キアヌ・リーブス。実は『マトリックス』の成功はスタントマンがいたおかげ... という理由から、スタントチーム全員にハーレーダビッドソンを贈ったことがある。

>> Amazon.co.jp

315. 『ぐらんぶる』

315. 『ぐらんぶる』

『ぐらんぶる』:ダイビングサークルの一員・今村耕平役を演じた犬飼貴丈は、生粋の金づち。泳げないにも関わらずスキューバダイビングの免許を獲得し、撮影が終わるまで金づちであることを秘密にしていた。

>> Amazon.co.jp

314. 『カイジ ファイナルゲーム』

314. 『カイジ ファイナルゲーム』

『カイジ ファイナルゲーム』:福士蒼汰とのジャンケン対決を撮影するために、約18時間ひたすらジャンケンしていた藤原竜也。おまけにルールも複雑で、途中から何が何だかわからなくなってしまったらしい。

>> Amazon.co.jp

313. 『タイタニック』

313. 『タイタニック』

『タイタニック』:レオナルド・ディカプリオの名台詞「世界は俺のものだ!」。実は監督がその場で思いついた演出で、レオ自身はあまり気に入っていなかった。本番も嫌々演じたそうだが... 終わり良ければ全て良し。

>> Amazon.co.jp

312. 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

312. 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』:劇中でHALOジャンプと呼ばれる危険なアクションを披露したトム・クルーズ。実はその1コマのために、彼は上空約8,000mから100回以上ダイブしていた。

>> Amazon.co.jp

311. 『パイレーツ・オブ・カリビアン』

311. 『パイレーツ・オブ・カリビアン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン』:ジョニー・デップがジャック・スパロウの役作りとして参考にした人物はザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ。ちなみにジャックの父は、キース本人が演じている。

>> Amazon.co.jp

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム