もやもやレビュー

残酷!凶悪!冷酷!な殺人犯にトリハダ。『見えない目撃者』

『見えない目撃者』 9月20日(金) より全国公開!

 9月20日に公開されるノンストップ・スリラー『見えない目撃者』。原作は、韓国で大ヒットを記録した『ブラインド』(2011年)です。その後、オリジナル版の監督が中国でもリメイクし、今度はここ日本で、またもやリメイク! アジアに旋風を巻き起こしている衝撃スリラー、公開が楽しみな方も少なくないのでは。主演は映画にドラマに引っ張りだこの実力派女優、吉岡里帆。吉岡演じる盲目の元警察官とともに犯人を追うのは、こちらも注目映画には必ずと言っていいほど出演している高杉真宙です。

 浜中なつめ(吉岡里帆)は、将来有望な警察官。しかし、弟とのドライブ中に事故を起こし、最愛の弟を失ってしまいます。更にはなつめも目が見えなくなってしまったのです。盲導犬のパルと母親と暮らしながらも、悲しみに暮れ、将来に絶望していたなつめ。ある日、弟のお墓参りの帰り道、なつめは連れ去られそうな少女の声を耳にし、警察に通報。しかし、警察は、なつめが盲目ということもあり「勘違いなのでは?」と疑います。しかし明らかな事件性を感じ取ったなつめは、少女の声がした直前にスケートボードの音を聞いたのを思い出し、もうひとりの目撃者である少年、春馬(高杉真宙)と会うことに。最初は捜査への協力を面倒がっていた春馬ですが、なつめの熱意を感じ、捜査に協力することに。持ち前の洞察力を持つなつめと、運動神経抜群な春馬。二人は、なんとか事件の真相を追い、家出少女を救い出す"救様"という存在にたどり着きます。

 狙われるのは家出して風俗で働く少女ばかり。なんともダークな裏社会が描かれており、中盤からは目を避けたくなるようなグロテスクなシーンが多くなっています。衝撃の上に衝撃が加わり、最後は良い意味で唖然とした作品。なつめと春馬と同じように、捜査に加わった気分で推理を楽しめるのも本作のポイントです。なつめたちに協力する定年間近の木村刑事のほっこりさせられる人の良さが、良い箸休めに。スリラー好きの方には強くオススメしたい一本です。

(文/トキエス)

***

mienai.jpg

『見えない目撃者』
9月20日(金) より全国公開!

監督:森淳一
脚本:藤井清美、森淳一
出演:吉岡里帆、高杉真宙、大倉孝二、浅香航大、酒向芳 ほか
配給:東映

2019/日本映画/129分
公式サイト:http://www.mienaimokugekisha.jp
(c) 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (c)MoonWatcher and N.E.W.

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム