もやもやレビュー

新キャラも登場!魔法動物の虜になる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 11月23日(金・祝)公開!

 世界中を魅了させる "ハリー・ポッター魔法ワールド"。その最新作である『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、いよいよ11月23日に日本で公開されます! 本作の舞台は、おなじみのホグワーツ魔法魔術学校、そしてなんと、パリの魔法界! ジョニー・デップ演じる "黒い魔法使い"グリンデルバルドの悪役っぷり、そしてエディ・レッドメイン演じる愛らしいほどシャイなニュートと仲間たちに、これまたワクワクさせられます!

 魔法動物学者のニュートは、囚われの身だった"黒い魔法使い"グリンデルバルドが逃げ出したことを知ります。そして彼は、恩師のダンブルドア(ジュード・ロウ)から「黒い魔法使いを倒せるのは、君だけだ」と告げられ、仲間や魔法動物たちと共にパリへと向かうことに。しかし、魔法界と人間界の支配を企む魔の手は、ニュートの仲間に忍びより......。

 まるでアトラクションを楽しんでいるかのような、二転三転するストーリー! 先が読めない面白さとは、まさにこのこと。そんなストーリーを彩るのは、もちろん魔法動物たち! 例えば、キラキラしたものに目がないニフラー。前作ではその可愛さと、ちょっとしたずる賢さから人気を博しました。そんなニフラーに赤ちゃんが誕生! もちろん赤ちゃんでもキラキラしたものが大好き。また、ニュートの相棒的存在で、鍵を開けるのが得意なボウトラックル、1日に千里も走ることができる大迫力なズーウーなど、新キャラ含めたくさんのユニークな魔法動物たちが登場。思わず笑顔がこぼれてしまうような動物たちのアクションは必見です。お気に入りキャラ探しも楽しめるハズ! 

___%E3%80%80FBCOG-CCTRLR-006_R.jpg

 ニュートと魔法動物との絆に癒やされ、 "黒の魔法使い"の暗黒さに息をのみ、繰り出される魔法にエキサイティングしてしまう。劇場スクリーンで見れば、エンドロールが終わるころまで(その後も)ずっと魔法をかけられているような気分を味わえます。ハリポタファンの方はもちろん、「別世界へ行きたい、現実逃避したい!」という方、そして「動物大好き!癒やされたい!」という方におすすめの一本です。

(文/トキエス)

***
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
11月23日(金・祝)公開!

監督:デイビッド・イェーツ
脚本:J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 

2018/アメリカ
公式サイト:fantasticbeasts.jp 
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. R.

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム