もやもやレビュー
月にも劣らず輝くシェール!『月の輝く夜に』

月にも劣らず輝くシェール!『月の輝く夜に』

シェールと聞いて、何が思い浮かぶだろう。男ともとらえられる声で歌う「ドゥ・ユー・ビリ〜ブ」だろうか。それとも「バーレスク」で見た彼女か。あるいは彼女の元夫とのデュオ「ソニー&シェール」を思い出す人もいるかもしれない。

11/30 (Mon)
もやもやレビュー
今の仕事とさようならがしたければ『リストラ・マン』

今の仕事とさようならがしたければ『リストラ・マン』

「アナタのおかげで、大キライな仕事をやめることができました!」俳優のロン・リビングストンは、街ゆく人にそう声を掛けられることがよくあるらしい。公開時の評判はそこそこだったものの、いまやカルト映画とも呼ばれる彼の主演作『リストラ・マン』(1999年)は、辞職を後押ししてしまうことで有名な作品なのである。

11/26 (Thu)
もやもやレビュー

料理のおいしい食べ方を考える『エイブのキッチンストーリー』

突然ですが、あなたは食事を食べるとき誰とどのように食べていますか? 一日に朝昼晩3食の食事をするとしよう。1回30分の食事を3回食べるだけでも一日に1時間30分は食事をしていることになる。家族や友人とゆっくり食べることもあるだろう。

11/24 (Tue)

お月様も、僕の友達。

もやもやレビュー
初デートが悲惨でも大丈夫『ポリー my love』

初デートが悲惨でも大丈夫『ポリー my love』

汗がとめどなく流れる夏にも、手足がかじかむ冬にも、ふと恋しくなる激辛料理。とびっきりの辛さを求める人は、世界に目を向けることもあるだろう。なかでもエチオピア人は、日本でいう「辛い」を50倍ほどにした料理を平気で食べるらしく、ドロワットというカレー料理は、激辛好きの期待を裏切らないとか...。

11/19 (Thu)
もやもやレビュー
セットは全部ダンボール。DIYなファンタジーホラー 『キラーメイズ』

セットは全部ダンボール。DIYなファンタジーホラー 『キラーメイズ』

兎にも角にも設定がユニークなのだが、そこに惑わされずに見てみると、意外な一面が見えてくる(かもしれない)。

11/18 (Wed)
もやもやレビュー
父娘が導く、片道800kmの鳥の旅『グース』

父娘が導く、片道800kmの鳥の旅『グース』

グースと聞いてピンとくるだろうか。秋にシベリアから日本にやってくる渡り鳥で雁(ガン)ともいう。かつては日本全国どこでも見られた、ありふれた鳥だった。映画『グース』に登場するのは、カナダガンと呼ばれる種で、重く響くように、ホーンクホーンクと鳴く。

11/16 (Mon)
もやもやレビュー

いつまでも愛される戯曲『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』

突然ですが、シラノ・ド・ベルジュラックを知っていますか? 今年は知らない人もシラノ・ド・ベルジュラックに出会う絶好の機会なのです!

11/13 (Fri)

今週、君に幸運を運ぶのは『天使の涙』だ。

もやもやレビュー
香りの天才にして猟殺人犯をB・ウィショーが演じる 『パフューム ある人殺しの物語』

香りの天才にして猟殺人犯をB・ウィショーが演じる 『パフューム ある人殺しの物語』

悲しみを煮詰めたような眼をし、気品と憂いを帯びた男ベン・ウィショー。それまで新進気鋭と言われることの多かった彼の名を世に知らしめたのが『パフューム ある人殺しの物語』(2006)である。

11/11 (Wed)
もやもやレビュー
結末衝撃的すぎ......現場に残されたビデオテープから残虐な犯人を突き止める!『エビデンス―全滅―』

結末衝撃的すぎ......現場に残されたビデオテープから残虐な犯人を突き止める!『エビデンス―全滅―』

POV作品やモキュメンタリー作品が好きで、これまでありとあらゆる作品を見てきましたが、現場に残されたビデオテープを見ながら、映画の登場人物たちが一緒に分析してくれる斬新な設定のホラー映画を発見しました。

11/10 (Tue)

俺に用か?
(タクシードライバー)

もやもやレビュー
ケネディ暗殺事件で変わってしまった4人の人生『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』

ケネディ暗殺事件で変わってしまった4人の人生『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』

 2013年の歴史映画『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』。ケネディ大統領暗殺事件発生後の4日間を舞台に、歴史が変わったあの瞬間を目撃したカメラマン、ケネディ大統領の治療にあたった医師、シークレットサービスの支局長、そしてFBI捜査官の4人に焦点を当て、人生が劇的に変わってしまう様を描いています。

11/ 6 (Fri)
もやもやレビュー

犯人はいい人です!『ストックホルム・ケース』

東京国際映画祭コンペティション部門にもノミネートされた『ブルーに生まれついて』のロバート・バドロー監督とその時主演だったイーサン・ホークが再タッグを組んだと聞いてとても嬉しく思った。製作には『ゲット・アウト』『アス』などのヒットメーカ、ジェイソン・ブラムが参加していて、製作陣にはウィル・スミスの会社の名前も連ねている。

11/ 5 (Thu)
連載
第99回 『ドクター・モリスの島 フィッシュマン』

第99回 『ドクター・モリスの島 フィッシュマン』

すっかり秋も更けてきた今日この頃。今月の怪獣酋長は、先月に続きバーバラ・バックの"スケチク"第2弾! パチモン大国のイタリア映画界による、見応えのある低予算SF映画です!

11/ 4 (Wed)
もやもやレビュー
マーク・ウォールバーグが火の海で決死の人命救助に挑む!『バーニング・オーシャン』

マーク・ウォールバーグが火の海で決死の人命救助に挑む!『バーニング・オーシャン』

2010年、メキシコ湾沖にある石油堀削施設のディープウォーター・ホライズンで発生した火災事故。その施設に取り残された作業員の懸命な脱出劇を描いた映画『バーニング・オーシャン』は、マーク・ウォールバーグを主演に迎え、感動的でスリルに満ちた作品に仕上がっています。

11/ 2 (Mon)
もやもやレビュー
容赦ないタリバン兵の攻撃...絶体絶命の状況下で唯一生き延びたアメリカ兵士の実話『ローン・サバイバー』

容赦ないタリバン兵の攻撃...絶体絶命の状況下で唯一生き延びたアメリカ兵士の実話『ローン・サバイバー』

戦争映画というものは、実話を脚色していることで賛否両論はあるものの、それでも平和ボケしてしまっている私たちに、注意喚起や、感動、そして恐怖を与えてくれます。好き嫌いが分かれるジャンルではありますが、そんな戦争映画の中で素晴らしい一本に出会いました。

10/29 (Thu)

ひと言トリビア

286. 『銀魂2 掟は破るためにこそある』

『銀魂2 掟は破るためにこそある』:激しいアクションシーンにも挑戦した主演の小栗旬は、筋肉をムッキムキに鍛えて撮影に臨んでいる。ただしその理由はアクションのためではなく、劇中で菅田将暉とともに披露する"女装シーン"を面白くするためだった。

もっと見る

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム