【水道橋博士のメルマ旬報について】
「水道橋博士のメルマ旬報」は新サイトとしてリニューアルしました。
これまで定期購読会員だった方は、新サイトでは「読み放題+電子書籍」に登録済みとなっております。ぜひご利用ください。

BOOKSTAND 出版ニュース

マルクス・アウレリウスが『自省録』を着筆するに至るまで
2019年4月26日
マルクス・アウレリウスが『自省録』を着筆するに至るまで
パークス・ローマーナー(ローマの平和)といわれた「五賢帝時代」最後の... 記事を見る »
おいしいフルーツサンドをつくる4つのポイント
2019年4月26日
おいしいフルーツサンドをつくる4つのポイント
今、華やかなフルーツサンドがSNSで大人気です。お店で食べるだけでは... 記事を見る »
日本屈指の実力を誇る観光県は!? 旅の達人が教える最強観光案内
2019年4月25日
日本屈指の実力を誇る観光県は!? 旅の達人が教える最強観光案内
 皆さんの中には、国内旅行に出かける際、事前にガイドブックを用意するという人も多いでしょう。けれど、その中に載っている滝や武家屋敷や「〇〇ゆかりの地」といった定... 記事を見る »

>>もっと見る

有料メルマガ

ウーマンラッシュアワー村本大輔の「THE SECRET COMEDY SHOW」

ウーマンラッシュアワー村本大輔の「THE SECRET COMEDY SHOW」
村本大輔が、まさにここだけの秘密の話を、テキストではなく、音声コンテンツや映像メインでお届けします。

marble

marble
女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。

髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」

髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。

かもめんたるの映像コンテンツ

かもめんたるの映像コンテンツ
かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。

週刊かもめんたるワールド

週刊かもめんたるワールド
メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。

エレキコミックの「エレマガ。」

エレキコミックの「エレマガ。」
完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。

水道橋博士のメルマ旬報

水道橋博士のメルマ旬報
水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。

マキタスポーツの週刊自分自身

マキタスポーツの週刊自分自身
メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。

エレキコミックの映像コンテンツ

エレキコミックの映像コンテンツ
エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。

萩原智子『魂のファイトめし』

萩原智子『魂のファイトめし』
元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。

>>もっと見る

BOOKSTAND映画部!

評価が低い映画『ビジター』を楽しめた理由
2019年4月26日
もやもやレビュー
評価が低い映画『ビジター』を楽しめた理由
さて、今日はなんの映画を観よう。なんの目的も、観たいジャンルも決まってない時は、なんだか評価が低い映画に手を出したくなったりしませんか? 記事を見る »
外に出たら死ぬ!? 異色シチュエーションスリラー『ラスト・デイズ』
2019年4月25日
もやもやレビュー
外に出たら死ぬ!? 異色シチュエーションスリラー『ラスト・デイズ』
『クワイエット・プレイス』や『バード・ボックス』など "○○したら死ぬ"というシチュエーションスリラーは、公開されるやいなや、すぐ話題になるジャンルですよね。そんなシチュエーションスリラーの中でも異色な作品を発見! 記事を見る »
淡々と続く日常こそ詩なのだ『パターソン』
2019年4月24日
もやもやレビュー
淡々と続く日常こそ詩なのだ『パターソン』
2018年、イギリスで詩集の売り上げが過去最高を記録したという記事を読んだ。総計130万部が売れたほか、購買した層の41%は13歳から22歳という統計も。若い英国男子女子は詩を楽しんでいるのか。 記事を見る »

>>もっと見る

更新履歴