もやもやレビュー

人間は、ある意味レアな生き物かもしれない『スモールフット』

『スモールフット』 10月12日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー

 「怪盗グルー」シリーズを手掛けた原作者と音楽スタッフが贈るミュージック・ファンタジー『スモールフット』がいよいよ10月12日公開です! 本作の主人公はなんと、UMA(未確認動物)のイエティ。彼らが伝説のスモールフット(人間)と遭遇するという、まさかのイエティ目線で描かれた感動ほっこり作品なんです。

 雲に覆われた山の頂上に住むイエティたち。自分たちが住む山は雲の下で巨大なマンモスたちが支えている......そんな教えを誰もが信じ切っています。そんな中、心優しいイエティのミーゴは、伝説の生き物"スモールフット"(人間)と遭遇! しかしイエティたちは彼を信じず、嘘つき呼ばわり。さらには、村の掟を守るストーンキーパーから追放を言い渡されてしまいます。落ち込みまくったミーゴですが、ストーンキーパーの娘・ミーチーから「雲の下には不思議な世界が広がっている」と聞かされます。ミーゴは真実を突き止めるため、雲の下へと冒険することを決意! 見たこともない世界で、ミーゴが最初に出会ったのは、低視聴率の自分の番組を救うため、ニセのイエティ発見動画を撮影しようとしていたパーシー。本物のイエティであるミーゴと出会い、パーシーは恐怖を感じながらも必死に動画を撮影します。その動画がネット上で拡散されてしまい......。

『スモールフット』サブ1.jpg

 本作の面白いところは、なんといってもイエティ目線だということ。UMAで伝説の生き物とされるイエティ側も、人間のことを伝説の生き物だと思っていたら......そんな今までにみたことのないシチュエーションで、ノリノリになりながら人間の"めずらしさ"、"優しさ"そして"残酷さ"を教えてくれます。なぜ人は残酷になってしまうのか、というシリアスな疑問から、言葉の通じない他の動物たちとの交流方法は?など子どもたちが解決したがる疑問を次々と解決してくれる本作。子どもはもちろん、大人も楽しめる内容に仕上がっています。

 ちなみに私は字幕版で鑑賞。主人公のイエティを演じたのは、『マジック・マイク』などで知られるセクシーでワイルドな俳優、チャニング・テイタム。最近、セクシーストリッパーなイメージを払拭し、子育てに奮闘する優しいパパのイメージを持つチャニング。彼がイエティを演じ、さらに素敵な歌声を披露。「マジック・マイク」とはまた違う魅力に癒やされました。さらに、人間パーシーを演じたのは『レイトレイトショー』でお馴染みのジェームズ・コーデン。彼の陽気な歌声にも注目です。もちろん日本語吹き替え版のキャストも負けてはいません。木村昴、宮野真守など豪華キャスト集結です! 字幕版も、吹替版もどちらも大満足できること間違いなし。

(文/トキエス)

『スモールフット』サブ3.jpg

『スモールフット』
10月12日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー

監督:キャリー・カークパトリック
声の出演:チャニング・テイタム、ジェームズ・コーデン、ゼンデイヤ、コモン、レブロン・ジェームズ ほか
吹き替えキャスト:木村昴(ミーゴ)、宮野真守(パーシー)、早見沙織(ミーチー)、立木文彦(ストーンキーパー) ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

原題:Smallfoot
2018/アメリカ/96分
公式サイト:http://smallfoot.jp
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム