もやもやレビュー

『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』が教えてくれること

『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』は 1月13日(土)より公開です!

ドイツで大ヒットした感動の実話が日本にも上陸。
先天的な疾患で95パーセントの視力を失ってしまう主人公サリー(コスティア・ウルマン)。
障害者の学校への転校を提案する父親のいうことを聞くことなく普通の学校を卒業。
黒板もノートもうまく見えないのに家族のサポートで暗記をするサリーの頭の良さとあきらめない努力は並大抵ではない。

サリーにはそこまでしてでも「5つ星ホテルで働きたい」という叶えたい夢があった。
視覚障害者であることを伝えたら就職するのは難しいと考え、目の見えない事実を隠して見習いとして研修をうける。そんな彼を支える見習い友達マックス役には若手実力派のヤコブ・マッチェンツ。

5%_sub.JPG

主人公サリーを演じるコスティア・ウルマン(右)

これはただの感動の実話ストーリーではない。
サリーには視覚障害があり普通に目が見える人よりはうまく出来ないことも実際にある。
だけど、それは目が見えていたとしても自分より他の人のほうが長けていることがあることと、どれくらい違うのだろう?
どんな仕事をしていたとしても、そっと周りが穴埋めすることはいくらでもありえるのだ。
私の苦手なことを隣の人が得意なら助けたらいい。
出来ないことを出来るようになる努力は必要だけど、完璧な人間なんていないのだから障害があるからなにも出来ないと決めつけることのない世の中であってほしいと、未来への期待をもてる作品だった。
いつまでも夢をもって仕事をしたいと思わせてくれる1本だ。

(文/杉本結)

5%_sub2.JPG

『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』
1月13日(土)より、新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

監督:マルク・ローテムント
出演:コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ ほか
配給:キノフィルムズ/木下グループ

原題:Mein Blind Date mit dem Leben
2017/ドイツ/111分
公式サイト:http://5p-kiseki.com
© ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム