もやもやレビュー

幸せとお金の関係性とは『億男』

億男
『億男』
池田エライザ,北村一輝,黒木華,藤原竜也,佐藤健,高橋一生,沢尻エリカ,大友啓史,渡部辰城,大友啓史
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 佐藤健、高橋一生、藤原竜也や池田イライザなど豪華すぎるキャストが集結した映画『億男』。タイトルからしてお金の匂いがぷんぷんする本作、お金のゲスさを描くだけでなく、お金では買えない"大切なもの"についても教えてくれる学び多き一本でした。

 主人公は3000万円の借金があり、仕事を掛け持ちしながらせっせと働く一男(佐藤健)。彼はたまたま手にした宝くじで、なんと3億円に当選します。「これで人生が大きく変わる!」と、まずはいつも頼む牛丼屋の牛丼メニューに唐揚げをプラスするなど、ちょっとした贅沢を味わいます。そんな彼は、大学時代の親友で、事業を成功させてお金持ちになった九十九(高橋一生)にお金の使い方を相談することに。九十九は、一男に「3億を銀行に預けるのは勿体無いから全部下ろしてきた方がいい」と言い、それを素直に一男は聞き入れます。その後、パーティを開いた2人でしたが、翌日、九十九は一男が下ろしてきた3億と共に姿を消してしまい......。

 一男は、「まさか親友の九十九がそんなことをするはずではない」という思いを持ちながらも、彼の会社に関わっていた人物に会いに行き、行方を探すことに。競馬で豪勢に賭けをする百瀬(北村一輝)、お金に関するアドバイザーとして教祖的存在となった千住(藤原竜也)、お金に興味のない人と結婚し質素に暮らす十和子(沢尻エリカ)。それぞれ違うタイプのお金持ちに会いに行った一男が目の当たりにする、"お金の影響力"もすんごく怖い。「お金で買えないものもある」というのは綺麗事だと思う人にぜひみてもらいたい一本。お金と幸せのバランスや、関係性について深く考えさせられます。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム