もやもやレビュー

真実を見ざる、言わざる、聞かざる『スリー・モンキーズ』

スリー・モンキーズ [DVD]
『スリー・モンキーズ [DVD]』
オンリー・ハーツ
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

日本人ならば皆が知っているだろう、有名な猿モチーフといえば、日光東照宮にある「見ざる、言わざる、聞かざる」だろう。日本語の語呂合わせだから、日本独自の言葉だと思っていたのだが、これが全く違うらしい。古代エジプトで生まれ、シルクロード、中国経由で日本に入ってきたもので、世界にはあらゆる <三猿>が存在している。意味合いは文化により少しずつ異なるという。

『スリー・モンキーズ』とは、もちろん三猿のこと。監督はトルコ人、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督。原題はuc maymun(ウチュ マイムン=三匹の猿)。ジェイラン監督はトルコを代表する監督、かつカンヌの常連で、コンペ部門では02年『冬の街』と11年『昔々、アナトリアで』でグランプリを受賞、08年に『スリー・モンキーズ』で監督賞を受賞、そして14年『雪の轍』でパルム・ドールを受賞している。

街の有力者のセルヴェットは、ひき逃げ事件を起こしてしまうが、選挙中の身。運転手のエユップに罪をかぶせ、刑務所送りにしてしまう。慎ましくも勤勉であったはずの人間たちが、少しずつ人の道から外れていく様子を静かに描く。大きな感動や激しい衝撃などはないが、人の愚かさを嫌というほど見せ付けられる。互いに偽り合う様はまさに三猿、そのもの。日本では劇場公開されていないので、ぜひDVDで。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム