BOOKSTAND 出版ニュース

『都知事失格』は、知事を経験した人が知る正しい情報を伝える一冊------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(前編)
2018年4月21日12:00
『都知事失格』は、知事を経験した人が知る正しい情報を伝える一冊------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(前編)
 元東京都知事として知られる舛添要一さん。政治・経済などの分野で活躍を続け、マスコミなどで論評活動を繰り広げてきました。かつて北九州市に住む母親を、5年もの間、... 記事を見る »
女性が心と体の栄養補給をしたくなったら「〇〇風俗」がよいらしい...!?
2018年4月18日17:00
女性が心と体の栄養補給をしたくなったら「〇〇風俗」がよいらしい...!?
 人間、生きていればいろいろあります。出口が見えなくなったり、心身ともに疲れ果ててしまったり、ただ誰かのぬくもりが欲しくなったり......。  そんなとき、皆... 記事を見る »
インターネットの予言的私小説!?『僕らのネクロマンシー』発売記念対談! 著書・スマートニュース 佐々木大輔×情報学研究者ドミニク・チェン
2018年4月16日17:45
インターネットの予言的私小説!?『僕らのネクロマンシー』発売記念対談! 著書・スマートニュース 佐々木大輔×情報学研究者ドミニク・チェン
 インターネットがなくてはならない現代。インターネットに関わる本ももちろん溢れるように存在している昨今ですが、本書『僕らのネクロマンシー』(NUMABOOKS)... 記事を見る »
日本の保育は社会主義? 「待機児童ゼロ」を実現できないワケ
2018年4月13日17:00
日本の保育は社会主義? 「待機児童ゼロ」を実現できないワケ
 「保育園落ちた日本死ね」という言葉に象徴されるように、昨今の日本では、待機児童の問題が深刻さを帯びています。国や自治体が策を講じてはいますが、なかなか効果を上... 記事を見る »
新しきサウンドトラック≒カテドラル、そしてむかしむかし、ミライミライへ。
2018年4月11日17:00
新しきサウンドトラック≒カテドラル、そしてむかしむかし、ミライミライへ。
 小説は紙やディスプレイ(ページ)に印字≒表示された文字を読むものだから、視覚で認識する芸術だと言える。それを声に出して読んでみると聴覚で認識されるものになる。... 記事を見る »
【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!
2018年4月10日20:30
【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!
 4月10日、東京・明治記念館で、全国の書店員が選ぶ「本屋大賞2018」の発表会が開催され、小説家の辻村深月さんの『かがみの孤城』(ポプラ社)が大賞に輝きました... 記事を見る »
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『星の子』――「信じる」の意味を見つめなおす物語
2018年4月9日12:00
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『星の子』――「信じる」の意味を見つめなおす物語
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは今村夏子著『星の子』です。 *******  昨年7月に発表さ... 記事を見る »
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『百貨の魔法』――従業員たちが老舗百貨店の大切な思い出を守る魔法のような物語
2018年4月6日12:00
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『百貨の魔法』――従業員たちが老舗百貨店の大切な思い出を守る魔法のような物語
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは村山早紀著『百貨の魔法』です。 *******  本書は「本屋... 記事を見る »
カザマタカフミ、しずる村上純登壇の赤裸々トークイベントが下北沢で開催
2018年4月5日17:00
カザマタカフミ、しずる村上純登壇の赤裸々トークイベントが下北沢で開催
 創業以来、毎日イベントを開催し、業界人・文化人の間でもファンの多い下北沢の本屋B&B。昨年末に移転したことも話題となりましたが、そんな本屋B&Bで、今下北沢を... 記事を見る »
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『盤上の向日葵』――将棋界の
2018年4月4日12:00
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『盤上の向日葵』――将棋界の"革命児"の過去を辿る壮絶なストーリー
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは柚月裕子著『盤上の向日葵』です。 *******  藤井聡太六... 記事を見る »
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『たゆたえども沈まず』――誰も知らないゴッホの真実を描ききった傑作
2018年4月2日17:00
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『たゆたえども沈まず』――誰も知らないゴッホの真実を描ききった傑作
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは原田マハ著『たゆたえども沈まず』です。 *******  パブ... 記事を見る »
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『騙し絵の牙』――主人公はあの人気俳優がモデル 
2018年3月30日12:00
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『騙し絵の牙』――主人公はあの人気俳優がモデル "編集者とは何か"を描いた社会派小説
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは塩田武士著『騙し絵の牙』です。 *******  本書は「本屋... 記事を見る »
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『屍人荘の殺人』――
2018年3月29日12:00
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『屍人荘の殺人』――"ベタな設定"と油断すると痛い目に合う!?
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは今村昌弘著『屍人荘の殺人』です。 *******  本書は第2... 記事を見る »
『水道橋博士のメルマ旬報』過去の傑作選シリーズ ~ある日のマッハスピード豪速球ガン太~(vol.4)
2018年3月27日17:00
『水道橋博士のメルマ旬報』過去の傑作選シリーズ ~ある日のマッハスピード豪速球ガン太~(vol.4)
 芸人・水道橋博士が編集長を務める、たぶん日本最大のメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』。  過去の傑作選企画として、かつて水道橋博士の運転手も務め、現在、... 記事を見る »
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『崩れる脳を抱きしめて』――愛する女性の真実を追う恋愛×医療ミステリー
2018年3月26日20:00
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『崩れる脳を抱きしめて』――愛する女性の真実を追う恋愛×医療ミステリー
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは知念実希人著『崩れる脳を抱きしめて』です。 *******  ... 記事を見る »

BOOK STANDプレミアム