五輪で一番にならなくちゃいけない? どうして二番じゃだめ?

サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3
『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』
村上 春樹
マガジンハウス
1,512円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS

 ロンドン五輪が閉幕に近づきつつあるなか、現在、日本は、4つの金メダルを獲得した他、銀13、銅14と、合計31のメダルを手にしています。合計数では上位に食い込んでいますが、国別メダル獲得ランキングでは、金メダル数が少ないため、13位に甘んじています。お家芸とも言える柔道で思うように金メダルが取れなかったのが影響したのでしょうか、銀・銅メダルが多い印象です。

 さて、以前、「世界で一番にならなくちゃいけないんですか? どうして二番じゃだめなんですか?」と言って、スーパー・コンピューター開発予算の削減を迫った女性国会議員がいました。その年の流行語にもなりました。

 小説家・村上春樹氏が、女性ファッション誌『anan』 で連載しているエッセイをまとめた『村上ラヂオ』『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』に続く最新作『サラダ好きのライオン』で、この言葉について持論を展開しています。

 村上氏は、「そう言われても、二番になるのって、けっこうむずかしいんだよね」と思ったそうです。一番になろうと思って努力しても、結果的に二番になることはありますし、諦めながら取り組んでも、ことが意外とうまく運び、二番になってしまうこともあります。しかし、村上氏の経験上、最初から二番になろうと思って努力して、それでめでたく二番になるということはあまりないと言います。

 そもそも、意図的に二番を目指すシチュエーションなんてあるのでしょうか。五輪に出場している選手には、こういった狙いは考えられません。また、二番を目指して守りの姿勢でいることで、その二番のポジションさえ保っていくこともできないのではないでしょうか。それぐらい勝負の世界は厳しいはずです。

 しかし、「僕個人のことを正直に言わせていただければ、二番手というのは、ポジションとしてわりに好みです。マラソンでいえば先頭グループの後ろあたりにつけているのがいい。テレビ・カメラにもなるべく映らないように、前の人を風よけにしてそそっと走る。先頭に立って突っ走るというのは、どうも性格的に向かない」と、村上氏は二番のメリットをあげています。

 小説家として第一線を走り続ける村上氏です、場合によっては、嫌でも向かい風を正面から受けなければならない状況が生まれます。二番が好みだという村上氏は、二番になりたくてもなれない責任を背負い込んでいるからこそ。

 あなたは一番を目指しますか? それとも、二番を目指しますか?

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧