もやもやレビュー

人気伝道師の"帝国"が崩壊『タミー・フェイの瞳』

タミー・フェイの瞳 (字幕版)
『タミー・フェイの瞳 (字幕版)』
Jessica Chastain,Andrew Garfield,Cherry Jones,Vincent D’Onofrio,Fredric Lehne,Louis Cancelmi,Sam Jaeger,Gabriel Olds,Mark Wystrach,Chandler Head,James Huguley,Dan Johnson,Michael MacCauley,Grant Owens,Coley Campany,Craig Newkirk,Wes Jetton,Jess Weixler,Maurie Speed,Lindsay Ayliffe,Julie P. Tuggle,Kimberly Ann Parker,Dana Marks,Alan Boell,Randy Havens,Lila Jane Meadows,Carolyn Mints,Kelly Borgnis,Kelly Borgnis,Kelsi Chandler,Joe Ando-Hirsh,John Johnson,Grayson Carter,Callie Lipian,Caroline Lipian,Michael Showalter,Jessica Chastain,Kelly Carmichael,Rachel Shane,Gigi Pritzker
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 今年開催されたアカデミー賞で話題となった『タミー・フェイの瞳』。本作で女優のジェシカ・チャスティンが主演女優賞を受賞し、さらにメイクアップ&ヘアスタイリング賞も獲得。そう、この作品は女優ジェシカが見た目を激変させ、話し方も仕草も、全くジェシカだとはわからない役作りに驚かされる一本です。

 ジェシカ演じるタミー・フェイは幼少期、婚外子だったことから教会に行きたいという願いを叶えられずにいました。そんな彼女は、大学でジム・パッカーと出会い、2人は「キリスト教を楽しく伝えていく」というアイディアを持ち、いつしかテレビで活躍する伝道師となっていきます。成功者となり豪邸に住み出した夫婦。しかし、ジムの横領が発覚し、スキャンダルによって2人が築いた"帝国"が崩壊してしまうのです。

 注目すべきは、タミー・フェイの個性的なメイク。どんどんメイクが派手になっていき、時にはメイクをからかわれる辛いシーンも......。タミー・フェイの内面の葛藤の多くが、メイクアップを通して伝わってくるのが、とっても興味深かったです。そのため、彼女のメイクは映画の中で、かなり重要な役割を果たしていると言えるでしょう。ちなみに過去のEntertainment Weekly (参考URL:https://ew.com/movies/jessica-chastain-tammy-faye-makeup-prosthetics/)の記事によると、タミー・フェイのルックスを実現させるために、メイクアップアーティストたちは、プロテーゼやウィッグ、そして人工装具などを駆使していたそうです。タミー・フェイが年を重ねるにつれて増えていくシワなどにも注目。もちろん、スゴイのはルックスだけでなく、ジェシカ・チャスティンの演技も。『AVA/エヴァ』や『IT/イット THE END "それ"が見えたら、終わり。』など、これまでの役柄とはかけ離れた、ジェシカの面影を一切感じられない声や笑い方、仕草に本当に驚きました。

 「伝道師」という存在について、なかなか身近に感じられる人も少ないかもしれません。しかし、1970年代のテレビスターの栄光と失脚の裏にある"大人たちの裏切り"のストーリーもかなり刺激的だったので、ぜひ鑑賞してみてください。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム