もやもやレビュー

本当の父親を探す旅で見つかるものとは『ファーザー・フィギュア』

ファーザー・フィギュア(字幕版)
『ファーザー・フィギュア(字幕版)』
オーウェン・ウィルソン,エド・ヘルムズ,グレン・クローズ,ローレンス・シャー
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 『ワンダー 君は太陽』などのオーウェン・ウィルソンと『ハング・オーバー!』シリーズのエド・ヘルムズが双子を演じたハートフル・コメディ映画『ファーザー・フィギュア』。父は死んだと聞かされていた双子が、大人になってウソだと気づき、父親探しの旅に出る本作、コメディ作品常連の二人が主演なものだから、軽く観られて笑える系かと思いきや、感動で涙してしまう素晴らしい一本でした。

 双子の兄弟カイル(オーウェン・ウィルソン)とピーター(エド・ヘルムズ)は、母の結婚式で4年ぶりに再会。父親は死んだと子供の頃から聞かされていた二人でしたが、あることがキッカケでそれがウソだったことに気づきます。母によると、当時は"ディスコやドラッグが盛んな70年代"だったため、複数と関係を持ち、本当の父親が誰かわからないとのこと。母からもらった少ないヒントだけを頼りに、カイルとピーターは父親探しの旅に出ますが、そこで母の意外な過去を知っていきます。

 カイルはお金持ちで楽観的キャラクター。一方でピーターは、医者だけど自分の仕事が好きではなく、ネガティブ思考。タイプの違う二人は、"父親探し"という特別な旅を通じて、喧嘩したり笑い合ったり、大人になると滅多にできないような交流をしていく。また、二人の関係に変化が起こる大事件も発生。クライマックスで聞かされる真実には、誰もが涙してしまいます。父親探しがメインだけど、実は母の愛がたっぷり詰まった物語。 鑑賞後はきっと家族に優しくなれることでしょう。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム