もやもやレビュー

某チェスドラマにハマったなら、この作品はいかが 『ボビー・フィッシャーを探して』

ボビー・フィッシャーを探して (字幕版)
『ボビー・フィッシャーを探して (字幕版)』
マックス・ポメランク,ジョー・モントーニャ,ローレンス・フィッシュバーン,ベン・キングズレー,ジョーン・アレン,スティーブン・ザイリアン,スティーヴン・ザイリアン,フレッド・ウェイツキン,ウィリアム・ホーバーグ,スコット・ルーディン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

Netflixのオリジナルドラマ『クイーンズ・ギャンビット』は、米ソ冷戦時代を舞台に、天才的なチェスの才能を持つ少女ベスが、薬物依存に悩まされながらもグランドマスターを目指すという物語。ファッションも大きな話題を呼び、昨年の大ヒット作となった。このドラマをきっかけにチェスが気になっているという人も多いはず。実際アメリカではチェスがバカ売れだとか...。

そんなあなたにおすすめしたいのが、元祖チェス映画である『ボビー・フィッシャーを探して』(93)である。実話をもとにしたこの作品。主役はニューヨークで暮らす7歳の少年ジョシュ。ある日、ジョシュにチェスの才能があることを知った父親は、コーチをつけ、本格的にチェスを学ばせはじめる。ジョシュはその力を伸ばすも、優しすぎるのが弱み。対戦で相手を気遣う優しさに父親はいらだちが止まらない。兎にも角にもジョシュを演じるマックス・ポメランツが抜群に可愛い(子役として数本出演したのちに、俳優業からは手を引いている模様)。

そして、タイトルのボビー・フィッシャーって誰?と気になる方。彼もジョシュと同様、実在のアメリカのチェスプレーヤーで、数年に一回しか試合に登場しなかったり、世界中を転々とし行方をくらましたりと、当時の世間を賑わしていた、なかなかの変わり者。そんなボビーの伝記映画が『完全なるチェックメイト』(14)。トビー・マグワイアが演じる様を、また折をみて取り上げてみたいと思う。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム