もやもやレビュー

孤独な少年と孤独な馬、一人と一匹の逃避行『荒野にて』

荒野にて [DVD]
『荒野にて [DVD]』
チャーリー・プラマー,スティーヴ・ブシェミ,クロエ・セヴィニー,トラヴィス・フィメル,スティーヴ・ザーン,アンドリュー・ヘイ
ギャガ
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

アメリカ、ポートランドの郊外。15歳の少年チャーリーの朝はランニングから始まる。母は蒸発しており暮らしは貧しいが、酒飲みで女好きな父親との関係はまずまず良好。ある日、ランニングの途中に「ポートランド・タウンズ」という競馬場を見つけたチャーリー。馬を眺めていると、デルという中年の男に声をかけられる。これが運命の出会いだった。

学校には通わずに、デルの手伝いをひたむきにこなすチャーリー。そんなある日、リーン・オン・ピートという年寄りの競走馬に出会い、心を通わせていく。そんな矢先、不倫相手の夫に襲われ父が急逝。一方レースで惨敗したピートも殺処分されることに。孤独になったチャーリーはピートと旅立つ。行き先はかつて優しくしていた叔母の元で......。

青年と老馬の孤独、やるせない心の痛みがこちら側にまで染みわたる。監督は、原作に綴られたルートを旅しながら脚本を執筆したという。主演のチャーリー・プラマーは今作でヴェネチア国際映画祭・マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞。期待の新星である。透明感をまとい、憂いを帯びたその横顔は「誰も知らない」の柳楽優弥を想起する。辛いことばかりが起こるので不安に駆られ、最後に必ずや幸せが舞い降りてくれるようにと、ただただ祈りながら見守った。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOK STANDプレミアム