もやもやレビュー

たぶん、絶対ピザが食べたくなる『ミスティック・ピザ』

ミスティック・ピザ [DVD]
『ミスティック・ピザ [DVD]』
ジュリア・ロバーツ,アナベス・ギッシュ,リリ・テイラー,マット・デイモン,ドナルド・ペトリー,ジュリア・ロバーツ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

ついおなかがぐぅと鳴る映画がある。

映画の名前は、『ミスティック・ピザ』(1988年)。題名は、主人公の女子3人がアルバイトするピザ屋の名前である。ここのシェフは、肝っ玉母さんのような雰囲気が漂う、レオナ(コンチャータ・フェレル)という女性。冒頭のシーンでは、彼女がオーブンから出来立てのピザを取り出している。生地は薄め。チーズは厚め。耳はふっくらしている。イチオシは店名と同名の「ミスティック・ピザ」で、決め手はレオナの祖父が生み出した、秘伝のソースだという。ああ、あのでっかいスライスに私も噛みつきたい......。

ここまでピザの話をしておいて何だが、ピザ屋の話ではない。話のほとんどは、ピザ屋で働く、大学生手前の女子三人の恋模様だ。ひとりは妻子持ちに惹かれ、ひとりは自分とは異なる境遇の彼に惹かれ、もうひとりは結婚願望が強い彼に悩まされ......と、どれもやや難ありの恋である。女子のうちのひとりは、『プリティ・ウーマン』に出演する前のジュリア・ロバーツ。見逃しそうなくらい一瞬だけ、マット・デイモンも出ている。デビュー作だったらしい。

ちなみにミスティック・ピザは、コネチカット州に実在するピザ屋さんである。公式サイトには、「あの映画を有名にしたピザ屋!」と書いてあり、ピザ屋のおかげで映画がうまくいったことになっていた。お店のロゴも、スローガンも、そのまんま映画に使われているから無理はないのか......!何はともあれ、ピザを食べながら鑑賞するのがおすすめである。

(文/鈴木未来)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOK STANDプレミアム