もやもやレビュー

「可愛い」が溢れ出す......! 大男の優しさに胸キュン『好きにならずにいられない』

好きにならずにいられない(字幕版)
『好きにならずにいられない(字幕版)』
ダーグル・カウリ
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 アイスランド&デンマーク製作の恋愛映画『好きにならずにいられない』。ロン毛の薄い頭髪にボサボサひげ、そしてぽっちゃり体型の無表情な男が口にミルクをつけているジャケットに一目惚れ。ほっこりできそう!そんなイメージのみで手に取りましたが、なんともほろ苦い恋愛映画でした。

 主人公は43歳の独身フーシ。彼は空港で働くものの旅行はしたことがなく、毎朝決まったシリアルを食べ、仕事以外はうちに引きこもり、大好きなジオラマをいじる......。そんな日々を過ごしていました。ところが、母親の彼氏からダンススクールのレッスンチケットをプレゼントされたことがきっかけで、人生が激変。ダンスレッスンに無理やり行かされるも、レッスンに行く勇気がなくて車の中でヘビメタを聴いていると、そこに一人の女性、シェヴンが現れます。「吹雪だから、家まで送ってくれない?」そうお願いされたフーシは、彼女を家まで送り届けます。それからというものシェヴンにダンスを誘われたり、お茶を誘われたり......やがてフーシの中で恋心が芽生えます。

 フーシの中の恋心が育っていく一方で、職場でいじめられてしまったり、母親のセックス現場を目撃してしまったり、女の子の誘拐犯だと疑われたりと、不幸なことばかりがおきます。それでも、勘違いで疑ってきた人に謝られれば、すぐに許してあげる心優しいフーシ。そんな彼が恋した女性シェヴンは少し心の浮き沈みが激しく、付き合いづらい女性ですが、彼女に尽くすフーシの姿に心癒されます。こんなに心が清いキャラクターがディズニー以外にもいたのか......そう思わせてくれるような優しさがスクリーンから溢れ出てきます。フーシの恋を応援しつつも、彼の優しさや可愛さにほっこりしてしまう一本。ぜひ癒されたい時にご鑑賞あれ。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム