もやもやレビュー

初デートが悲惨でも大丈夫『ポリー my love』

ポリー my love [DVD]
『ポリー my love [DVD]』
ジェニファー・アニストン,ベン・スティラー,フィリップ・シーモア・ホフマン,アレック・ボールドウィン,ブライアン・ブラウン,ジョン・ハンバーグ
ジェネオン・ユニバーサル
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

汗がとめどなく流れる夏にも、手足がかじかむ冬にも、ふと恋しくなる激辛料理。とびっきりの辛さを求める人は、世界に目を向けることもあるだろう。なかでもエチオピア人は、日本でいう「辛い」を50倍ほどにした料理を平気で食べるらしく、ドロワットというカレー料理は、激辛好きの期待を裏切らないとか...。

辛〜い料理が出てくる映画といえば、ラブコメ『ポリー my love』(2004年)。結婚して早々ハネムーンで浮気されたルーベン(ベン・スティラー)が、早急に立ち直ろうと、ばったり再会した中学の同級生、ポリー(ジェニファー・アニストン)と初デートに出掛けたとき。世界各地を転々としてきた彼女がデート先に選んだのは、エスニック料理店。胃腸が弱く、辛いものが大の苦手のルーベンが、ムリに食べ物を口に放り込むと、顔もシャツも汗でびっしょり、おなかはゴロゴロ、口からは今にも何かが出てきそう...。とにかく少々大変な光景なのだ。

人によっては「もうムリッ!」となりそうな初デートだけれど、幸いにも2回目のデートが訪れる。映画だから...とわかってはいても、「あんなことが起きても先があるのか!」と、観ているうちは不思議と救われた気持ちになる。そもそも、ちょっとしたハプニングがあっても、アハハと笑い飛ばしてくれる人のほうがいいじゃないか!何にも負けない気持ちでデートに挑みたいときは、まず観ておきたい映画である。

(文/鈴木未来)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOK STANDプレミアム