もやもやレビュー

マーク・ウォールバーグが火の海で決死の人命救助に挑む!『バーニング・オーシャン』

バーニング・オーシャン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
『バーニング・オーシャン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]』
マーク・ウォールバーグ,カート・ラッセル,ジョン・マルコヴィッチ,ジーナ・ロドリゲス,ディラン・オブライエン,ケイト・ハドソン,ピーター・バーグ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 2010年、メキシコ湾沖にある石油堀削施設のディープウォーター・ホライズンで発生した火災事故。その施設に取り残された作業員の懸命な脱出劇を描いた映画『バーニング・オーシャン』は、マーク・ウォールバーグを主演に迎え、感動的でスリルに満ちた作品に仕上がっています。

 BP社の石油堀削施設のディープウォーター・ホライズン。ここでは、スケジュールの遅れを取り戻すために安全よりも利益を優先させることを主張するBP社側と、適切なテストを行うべきだと主張する作業員側が対立を繰り広げていました。しかし、BP社側の幹部の強行突破により、堀削が再開。それにより天然ガスが引火、大爆発が発生してしまいます。施設に取り残されたマイク・ウィリアムズ(マーク・ウォールバーグ)ほか作業員たちは、火の海の中、決死の避難を行います。

 マーク・ウォールバーグ演じるマイクとその上司ジミーは、救命隊でもなんでもありません。絶対に自分の命を守りたいと思うはず...それなのに、仲間との絆が深いため、危険を顧みずに必死に他の作業員を救い出そうとします。度重なる爆発。火の海から逃れようと上へ上へとのぼり、一か八かのジャンプをしなくてはいけないシチュエーション。壮絶な選択が迫られるシーンがたくさんあります。ハラハラドキドキが止まらない、でもどこか深く考えさせられるパニックムービーに仕上がっています。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム