もやもやレビュー

"呪われた"銀行に入ってしまった強盗たち『ザ・ボルト 金庫強奪』

ザ・ボルト 金庫強奪(字幕版)
『ザ・ボルト 金庫強奪(字幕版)』
ジェームズ・フランコ,フランチェスカ・イーストウッド,タリン・マニング,スコット・ヘイズ,ダン・ブッシュ,ダン・ブッシュ,コーナル・バーン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 クライムサスペンスでは定番の「銀行強盗」をテーマに、異色のストーリーを生み出したダン・ブッシュ監督の『ザ・ボルト 金庫強奪』。ストーリーが思ってもいない方向に進んでいくので、変わりものの一本をお探しの方におすすめです。

 ある日、センチュリオン信託銀行に強盗へと押し入った姉妹リーアとヴィー、弟のマイケルとその仲間たち。「誰も傷つけない」というルールのもと綿密な計画を立てていましたが、激昂したヴィーが人質の警備員を殴ってしまいます。さらに、案内された金庫室にはなんと7万ドルしかなく、すでに崖っぷち......。そんな中、業務部長のエド(ジェームズ・フランコ)が「人質たちを傷つけない」と約束するなら地下金庫の60万ドルを差し出すと提案します。しかし、その地下金庫は、何年も前に残虐な強盗犯によって銀行員たちが大量虐殺されてしまった"呪われた"場所で......。

 クライムサスペンスでよくある緊迫したムードから一変、地下へ向かうとそこからはグロ有りのホラー映画へと早変わり。エドはなぜ、彼らに地下金庫のことを教えたの? なぜエドは協力的なの? その真実がラストで一気に明らかになります。どんでん返しも◎。これまでに見たことのない、どのジャンルに分類されるかも少し不明な一本。異色映画をお探しの方はぜひ見てみてください。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム