もやもやレビュー

破天荒すぎるプロポーズ大作戦『ウェディング・バトル アウトな男たち』

ウェディング・バトル アウトな男たち (字幕版)
『ウェディング・バトル アウトな男たち (字幕版)』
ブライアン・クランストン,ジェームズ・フランコ,ゾーイ・ドゥイッチ,ジョン・ハンバーグ
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 恋人ができ、その人を「両親に会わせる」と次のステップに進む時は、だいたい緊張するもの。そんなシチュエーションでFワードを連発させる破天荒な男をジェームズ・フランコが自由奔放に演じた『ウェディング・バトル アウトな男たち』。笑いたい日におすすめの一本です。

 印刷会社を営むネッド(ブライアン・クランストン)は、愛娘・ステファニーとのテレビ電話中、ステファニーに恋人がいることを発見し困惑します。その後、ステファニーから「恋人を紹介したい」と言われ、恋人・レアード(ジェームズ・フランコ)の豪邸へ招待されたネッドと家族たち。ゲーム会社を営むレアードは億万長者ですが、常にFワードを使い、全身タトゥーだらけ。さらにサプライズで、ネッドたち家族の名前のタトゥーを背中にガツンと入れてしまいます。そんな破天荒すぎるレアードから「ステファニーにプロポーズしたい」と言われてしまい......

 レアードの行動に困惑しながら常に発狂寸前のネッド。ブライアンが面白おかしく演じているものだから、終始笑いが止まりません。レアードのはちゃめちゃなキャラクターに困惑し、さらにステファニーには「パパに似ているから彼を好きになった」とまで言われる始末。果たしてレアードは無事ネッドの許可をもらいプロポーズができるのでしょうか?

 本作では、トイレのウォシュレット機能をイジってみたり、日本の下ネタワードについて語ったり、たまに日本の要素が含まれているのも見ていて面白い。何より、これまでいろんな役を演じてきたジェームズが楽しそうに演じているのも見ていて素敵。常にハイテンションな本作。もし両親に挨拶にいく前に緊張している方が見れば、きっとリラックスでき、サプリ的な役割を果たしてくれるはずです。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム