もやもやレビュー

高校生が童貞卒業のために心底がんばる映画『スーパーバッド 童貞ウォーズ』

スーパーバッド 童貞ウォーズ (字幕版)
『スーパーバッド 童貞ウォーズ (字幕版)』
Jonah Hill,Michael Cera,Seth Rogen,Bill Hader,Christopher Mintz-Plasse,Greg Mottola,Judd Apatow,Shauna Robertson
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 冴えない高校生が童貞卒業のために心底がんばる映画『スーパーバッド 童貞ウォーズ』。ティーンエイジャー目線で描かれているからか、"童貞卒業まで"の壮絶なアドベンチャーとして楽しめる面白い一本です。

 冴えない高校生のセス(ジョナ・ヒル)、エバン(マイケル・セラ)、フォーゲル(クリスファー・ミンツ=プラッセ)。人生で初めて女子からパーティーに誘われ、成り行きで、お酒を持っていくことを約束してしまいます。フォーゲルが作ったニセIDで早速お酒を買いに行こうとしますが、そこで思わぬハプニングに見舞われ......。

 お酒をニセIDで買いに行くシーンですら、まるでヘビーなクライムサスペンスの映画のワンシーンのよう。「やんちゃして、大人に怒られてしまう、怖い」といった若かりし頃に感じたことのあるようなスリルが、映画として大々的に描かれているのがまた面白い。注目は、セスとエバンの友情。馬鹿だなあ〜なんて笑いながら観られるストーリーの中に、ピュアで青春しまくっている姿も描かれているのも本作のポイントです。またセス・ローゲンら人気コメディアンが演じている警官たちにも注目。「若い頃警官が嫌いだった」警官なのですが、そのはっちゃけ具合がクレイジー。笑いたい日におすすめの一本です。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム