もやもやレビュー

おしどり夫婦の失踪事件を描く『ゴーンガール』

ゴーン・ガール (字幕版)
『ゴーン・ガール (字幕版)』
ベン・アフレック,ロザムンド・パイク,ニール・パトリック・ハリス,タイラー・ペリー,キャリー・クーン,キム・ディケンズ,デイビッド・フィンチャー,ギリアン・フリン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

どの国でも失踪事件はセンセーショナルに報道される。ましてや、事件が迷宮いりし、家族に疑いの矢が刺さったなら、人々の見る目も加熱するというものだ。

結婚5年目を迎えたニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)。二人はおしどり夫婦として知られていたが、結婚記念日にエイミーが忽然と姿を消してしまう。マスコミ映えする美しい人妻の失踪事件は全米の注目を集め、ニックもマスコミに取り上げられる。やがて状況は一変。ニックの態度や過去が批判を浴びるようになり、精神的に追い詰められていく。そして事件は思わぬ方向に舵を切っていく。一体、エイミーは誰にさらわれてしまったのか......。

この映画はシニカルでドライ、男女の結婚に対する理想を粉々にぶち壊す。かのニーチェが「結婚とは、幻想を父とし、必要性を母として生まれるものである。」と語ったとおり、幻想と必要性に駆られた結婚生活があることを、これでもかというくらい見せつけれられる。

原作・脚本を手がけているのは、推理作家のギリアン・フリン。彼女が得意とするのは、家庭崩壊や復讐といったテーマのサスペンスもの。デビュー作にしてベストセラーとなった作品のドラマ化作品「シャープ・オブジェクト」もなかなか面白いので、一見の価値ありである。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム