もやもやレビュー

いつだって動物がそばにいた。『モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険』

モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険 [DVD]
『モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険 [DVD]』
紀伊國屋書店
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

ひょうきんで好奇心旺盛。世界で一番有名なお猿といえば、おさるのジョージだろう。その原作は、絵本「ひとまねこざる」シリーズ。映画『モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険』は、「ひとまねこざる」の著者夫婦の人生を綴ったドキュメンタリー作品である。

ユダヤ人であるハンス・レイとマーガレット・レイ夫妻は動物が好きという共通点もあり意気投合し、パリで結婚生活を送りながら、絵本を共作していた。しかし、世は第二次世界大戦へ。ナチスドイツの攻撃が起きた日、二人はパリ脱出を決意。汽車は動いておらず、二人乗り自転車に原画をくくりつけて逃げた。パリが陥落する、ほんの数時間前の話だったという。

波乱万丈の生涯だが、今までにレイ夫妻のドキュメンタリーは存在していなかった。山崎エマ監督はこれが初監督作。高校を卒業し渡米。映像の仕事をしながら、自作の元になる題材を探していたところ、レイ夫妻のことを知って衝撃を受けたという。アメリカ中を回って、関係者に話を聞き、クラウドファウンディングにより資金を集め、三年後に完成させた。

動物が大好きで、引っ越すと真っ先に動物園に足を運んだというレイ。その作品のほとんどは動物が主人公だ。膨大なアーカイブ映像と、貴重な原画の数々。15,000枚に及んだというジェイコブ・カフカの手によるアニメーションは、レイ夫妻の世界観とマッチし、チャーミングで素晴らしい。単にインタビューをまとめるだけでない、上質なドキュメンタリー作品に仕上がっている。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム