もやもやレビュー

豪華俳優陣が本気の鬼ごっこ!『TAG タグ』

TAG タグ(字幕版)
『TAG タグ(字幕版)』
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 2018年のコメディ映画『TAGタグ』。『ハングオーバー!』シリーズのエド・ヘルムズや『ベイビー・ドライバー』のジョン・ハム、『アベンジャーズ』シリーズのジェイミー・レナーなど豪華俳優陣が集結した作品で、題材はなんと "大人の鬼ごっこ"! 大人たちが毎年一ヶ月かけてルール無用の鬼ごっこを繰り広げます。

 ホーギー(エド・ヘルムズ)、ボブ(ジョン・ハム)、チリ(ジェイク・ジョンソン)、ケビン(ハンニバル・ブレス)、ジェリー(ジェイミー・レナー)の仲良し5人組は、小学校1年生のときに鬼ごっこを始めて以来、毎年5月に一ヶ月間鬼ごっこを繰り広げていました。ときにはターゲットの職場に面接と称し潜入してタッチしたり、変装してタッチしたり。大人になった彼らの鬼ごっこは、あらゆる手を駆使したハイレベルなものになっていたのです。そんな5人組の中で、30年間一度も鬼になっていないのが、ジェリーでした。ある年、ジェリーの結婚式が5月と重なり、ホーギーたちは一致団結しジェリーを鬼にするべく鬼ごっこに挑みます。

 傍から見たら、めっちゃ大人げない。でもこんなに全力で鬼ごっこしている大人、見たことない。みんなからのタッチを交わすジェリー(ジェイミー・レナー)のアクションは、アベンジャーズシリーズに勝るほどのレベル。その本気度にも笑えます。くだらないな〜なんて思いながらも、ずっと変わらず子供心を持って楽しんでいる5人組を羨ましくも思ってしまいます。
 そんな本作は、なんと実話がベースになっています。エンドロールには、お話の基になったおじさんたちが鬼ごっこをしているシーンが流れるのですが、タッチされて「やられた〜」って笑い合う、その光景に一番ほっこりしました(笑)。軽く何か観たい時に最適な一本です。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム