もやもやレビュー

独身最高と思えるシチュエーションスリラー。『YES/NO イエス・ノー』

YES/NO イエス・ノー [DVD]
『YES/NO イエス・ノー [DVD]』
アルバトロス
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 目覚めたら密室。何かしないと脱出不可能。そんなシチュエーションスリラーはアメリカでかなり量産されていますが、その中でもB級感が溢れまくっている作品に出会いました。その名も『YES/NO イエス・ノー』。新婚夫婦が別々の密室に監禁され、いろんな質問をイエスかノーで答えていくというもの。これがまた久々に独身であることを誇りに思える作品でした。

 結婚したばかりのジャックは、ドアも窓もない密室で目を覚まします。そこには一つのベッド、デスク、そしてデスクの上にはメモなどが置かれています。脱出を試みようとする彼は、壁に「Y」と「N」のボタンを発見。さらには、壁に別の部屋に閉じ込められた妻・ケイトの映像が映し出されます。そしてモニターには「妻を愛していますか?」「妻を信じていますか?」と映し出され、即答しないとサイレンがなる仕組み。心理的におかしくなりながらも、質問に答えていくジャックとケイト。そして質問は徐々に「その答えにあなたの足を賭けますか?」と過酷なものになっていき......。

 質問に答えたあと、誰が撮影したかわからないような映像で、妊娠、浮気、暴力、ギャンブルなど夫婦がお互い秘密にしていたことが次々と明らかに。そんな中、本当に相手を愛しているかどうかの究極の選択を迫られます。「真実の愛」を果たして彼らは貫くことができるのでしょうか。

 妊娠、浮気、暴力、ギャンブルは、夫婦間では結構よくある問題。新婚には憧れるけど、この映画を見ると「独身で良かった......!」と思わざるを得ませんでした。ちなみにこの映画は究極のシチュエーションスリラー作品『[リミット]』を手掛けたプロデューサー、ピーター・サフランが参加。正直、『[リミット]』には敵わないけど、新婚夫婦が閉じ込められるという斬新な設定を気軽に楽しむのには最適な映画です。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム