もやもやレビュー

J・ローレンスの骨太演技でやる気を注入『joy』

ジョイ [AmazonDVDコレクション]
『ジョイ [AmazonDVDコレクション]』
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

2018年の目標だったことを、無事に達成できたという人はどれくらいいるだろうか。ダイエットに勉強、仕事、片付け、習慣。自己開発系の本がどれだけ書店に並んでも、最後までやり遂げることって、本当に難しい。2019年こそ目標を叶えたいと思う人に見て欲しいのが、この作品である。

2012年の『世界にひとつのプレイブック』、2013年の『アメリカン・ハッスル』に続いて、ジェニファー・ローレンスがデヴィッド・O・ラッセル監督と組んだのが、今回紹介する『Joy』。

舞台は80年代後半のニューヨーク郊外。ジョイ・マンガーノ(J・ローレンス)は、子供の頃からモノづくりが大好きで、現在は二児を抱えるシングルマザー。祖母と母と同居し冴えない日々を送っている。ある日、割れたグラスを掃除していて手を切ったことから、触らずに絞れるモップを思いつく......。

実は、ジョイ・マンガーノは実在の人物。貧乏からアイディアひとつで億万長者なった経緯を描く、感動のサクセス・ストーリーなのである。特許や商品化の苦労など、じっくり丁寧な描写で、ゴールデン・グローブでは主演女優賞を見事受賞(信じられないことに日本未公開)。意地でも諦めないというジョイの不屈の精神力が凄まじく、なんだか喝を入れられた気分になる。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム