もやもやレビュー

一攫千金を目指すドリームストーリー『ゴールド-金塊の行方』

ゴールド/金塊の行方 [DVD]
『ゴールド/金塊の行方 [DVD]』
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

昔から「地獄の沙汰も金次第」というが、大金は人の人生を大きく狂わせてしまう。年に1度くらい宝くじを買って、当たった時の妄想に耽る。車を買おうか、どこに旅をしようか。きっと、それくらいがちょうどいいのである。

大金に振り回されたある男の事件を下敷きに、マシュー・マコノヒーが制作・主演したサスペンス『ゴールド/金塊の行方』を紹介したい。時は1981年、ネバタ州、リオ。祖父の代から続く採掘会社で働いているのが、マシュー演じるケニー・ウェルス。父が急死したため事業を引き継ぐのだが、経営がうまくいかず粉砕寸前まで追い込まれてしまう。

そんなある日、ケニーはインドネシアに眠る金鉱の夢を見る。これは神の思し召しに違いない。地質学者のマイケルとタッグを組み、ありったけの資金を集めて採掘をはじめることになるのだが......。

この話は、90年代に北米、カナダの株式市場に大混乱をもたらした事件をベースにしたもの。実際は組織犯罪だったらしいが、この作品ではマシュー扮するケニーと、エドガー・ラミレス扮する学者マイケルの二人にしぼり、オリジナルな展開を見せる。ドカンと一発あてれば大金が手にはいる採掘業だが、失敗したら何もかもが破滅する。ジェットコースターのように激しい二人の人生が、面白く、ちょっぴり哀しい。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム