もやもやレビュー

『ロスト・イン・トランスレーション』で日本の女子を見限った

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]
『ロスト・イン・トランスレーション [DVD]』
東北新社
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 コーンフレークはサクサク派、フライドポテトはシナシナ派です。
『ロスト・イン・トランスレーション』は2003年に公開されたソフィア・コッポラ監督の映画で、少ない製作費に一カ月弱の短い制作期間ながら、数々の映画賞を受賞した作品です。
 妻と倦怠期のハリウッドスター、ボブがCM撮影のために来日。そしてホテルで夫の仕事の付き添いで来日した若い女シャーロットと出会います。許されない恋とは知りつつ、少しずつ近づく2人。そして切ない別れ。という内容です。
 舞台である東京が美しく描かれていて、特に渋谷のスクランブル交差点が印象的に映画に登場するので、知り合いの外国人も「これあの映画の舞台じゃん!! まじかよ! オーマイガッ!! 」って感じで大興奮でした。海外の若者が観たら「こ、これがトーキョーか、ゴクリ、、」みたいな感じになってもおかしくないなと思います。
 でも日本人の描かれ方がなかなかひどい! ホテルの人が話してる英語が全く通じてなかったり、意味不明なCMディレクターにイライラさせられたり、女の人がとにかくみんな無表情だったり!! こんなんじゃ全く「日本人いいな」ってならねえ! そしてシャーロットとかその他の女もとにかく外人がかわいい! 日本だめ!全然だめっ!! スクランブル交差点とかどうでもいいから白人のかわいいお姉さんをいっぱい見せてくださいって気持ちにさせられました。......って、白人のお姉さんいても何もできねえ!! ってか日本人のお姉さんでも何もできねえっ!!! スクランブル交差点で「ここって映画の舞台なんだよ」って顔したい人にはおススメのオシャレ映画です。

(文/前髪ナガレ)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム