もやもやレビュー

フルCGで描く過激な復讐ストーリー『バイオハザード:ヴェンデッタ』

バイオハザード:ヴェンデッタ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
『バイオハザード:ヴェンデッタ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]』
ケビン・ドーマン,マシュー・マーサー,エリン・カーヒル,ジョン・デミータ,フレッド・タタショア,クリスティーナ・ヴィー,アリフ・S・キンチェン,アーニー・パントジャ,カリ・ウォールグレン,アレクサンダー・ポーリンズキー,辻本貴則
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 日本を代表するゲームの一つ「バイオハザード」。ストーリーは気になるけど、内容が過激すぎてプレイするのが怖い...!という人も少なくないと思います。私も学生時代にプレイしたとき、操作が難しく、モタモタしている間に犬に噛まれて死んだのがトラウマすぎて、ゲームクリアを断念した記憶があります。そんな「バイオハザード」シリーズ、映画といえばミラ・ジョヴォヴィッチ主演の実写映画が思い浮かぶかもしれませんが、フルCGの
長編アニメーション映画も素晴らしいのです。そのCG長編アニメーション3作目となる『バイオハザード:ヴェンデッタ』は、CGだからこそ描けるグロテスクなシーンが満載で、ゲームをプレイしているような感覚を味わえたスリル満点の一本でした。

 対バイオテロ組織BSAAに所属するクリス・レッドフィールドは、復讐心に駆られた武器商人グレン・アリアスを調査中。彼に捕らえられたエージェントを救出するべく、ある洋館へと部隊を連れて突入します。しかし、エージェントはゾンビと化しており、さらには、仕掛けられたトラップにより、部隊は壊滅してしまいます。そして、その場でアリアスに告げられたのは、ゾンビたちは敵か味方を区別するように高度に制御されているということでした。それから4ヶ月がたち、クリスの元同僚であるレベッカ・チェンバースが務める大学でバイオテロが発生。教授が次々とゾンビ化する中、クリスに助けられたレベッカ。二人は、エージェントのレオンに協力を求め、アリアスの恐ろしい計画を阻止するべく立ち向かいます。

 本作では、バイオハザードゲームの初期に登場したレオンが参戦。彼はゲームや前作では、好青年でクールなイメージがあったのですが、本作ではバーでお酒を飲んでかなり荒れている様子。そんな彼がクリスとタッグを組んで、凶暴化したゾンビやアリアスとその仲間達と戦います。アクションシーンはゲームでも実写でも体験できないような、細かい動きが再現されていて、見ている側のアドレナリンも急上昇! もちろん頭を撃ち抜くなど、グロテスクなシーンがかなり多めですが、気持ちが悪くなってしまうほどのクオリティの高さに驚きました。ゲームで実際にキャラクターを動かすことは難しいけど、グロテスクなシーンは大丈夫!という方におすすめです。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム