もやもやレビュー

フォレスト・ガンプのコンビ再び。無人島男の1500日。『キャスト・アウェイ』

キャスト・アウェイ (字幕版)
『キャスト・アウェイ (字幕版)』
トム・ハンクス,ヘレン・ハント,クリストファー・ノース,ニック・サーシー,ロバート・ゼメキス,ウィリアム・ブロイルス Jr.,ロバート・ゼメキス,トム・ハンクス,ジャック・ラプケ,スティーブ・スターキー,ジョアン・ブラッドショー
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

「もし無人島に何か一つだけ持っていけるとしたら、なにを持っていく?」誰もが一度は交わしたことのある雑談だろう。ナイフ? それとも火打ち石? はたまた、電波の届かないであろうiPhoneだろうか。

本作は、ロバート・ゼメキス監督&トム・ハンクスという『フォレスト・ガンプ 一期一会』コンビによる、2000年作品。トム演じるチャック・ノーランド(システムエンジニア)が、愛する恋人ケリーとの結婚を控えた矢先に飛行機事故に遭い、無人島へ漂流し、そこから脱出、そして帰還した後に彼を待ち受けるもう一つ物語までを描く。

チャックが無人島で過ごしたのは1500日。彼のサバイバル能力と精神は凄まじいのだが、生き延びて生還できたのには、残してきた恋人に生きて再び会いたいという想い、それから島でできた心友ウィルソンの存在が大きい。ほぼ一人で全編を演じきったトム・ハンクスはゴールデングローブ賞で主演男優賞を受賞している。

この混沌とした社会で、急激な変化についていくのは大変だ。それはどこか無人島に漂流しているようなものなのかもしれない。こんな時にはこの映画を見返したい。チャックとウィルソンはいつも勇気づけてくれるから。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム