もやもやレビュー

親切すぎるとビジネスで成功できない!? 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(字幕版)
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(字幕版)』
マイケル・キートン,ニック・オファーマン,ジョン・キャロル・リンチ,ローラ・ダーン,リンダ・カーデリーニ,パトリック・ウィルソン,B.J.ノヴァク,ジョン・リー・ハンコック,ロバート・シーゲル
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 自営業の人や、これからビジネスをスタートさせたい人の中には、映画を参考にしようと思っている人もいるかもしれません。実際に「起業」や「サクセスストーリー」を描いた映画は数多く、とくに『ソーシャル・ネットワーク』や『ジョブス』など、実在した人物の伝記的映画は注目を浴びますよね。なかでも勉強になるのが『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』。あのマクドナルドを世界最大のファーストフードチェーンに成長させたマクドナルド・コーポレーションの創業者、レイ・ロックを描いた作品です。心が痛くなるけど、めちゃくちゃ勉強になる一本。

 舞台は1954年のアメリカ。52歳のレイ・ロック(マイケル・キートン)は、シェイクミキサーのセールスマンとして働いていました。なかなか売れないミキサー......しかし、ある日8台もミキサーをオーダーしてきた店がありました。さっそくその店に足を運んだレイ。そこは、ディック&マイク兄弟による「マクドナルド」というドライブインレストランでした。今までにない斬新なアイデアでコスト削減や、スピード向上など成功したビジネスコンセプトを持つこの「マクドナルド」に一気に興味を持ったレイは、兄弟にフランチャイズ化を提案し......。

 レイは、欲しい物はなんでも手に入れてきた "ジャイアン"タイプ。それに対しディック&マイク兄弟は誰にでも優しく親切なタイプ。夢を叶えるために必死に「マクドナルド」を作り上げたのに、利益のことしか考えないレイと契約を交わしたもんだから、どんどんこの兄弟に悲劇が起こります。

 「可哀想......」。その兄弟に思わずかけたくなるのはこの一言だけ。その一方で、レイは夫婦生活を犠牲にしつつも、"ハンバーガー帝国"を築き上げていくのです。

 本作で学べることは、ジャイアンタイプがやっぱりビジネスで成功しやすいということ。そして親切心がもたらす最悪のケースも見ることができます。エンドロールのころには、改めてレイという人物の偉大さを突きつけられます。ビジネスを始めるなら教訓として観ておきたい一本です。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム