もやもやレビュー

アイアンマン超え!? ロバート・ダウニー・Jr.の新キャラクターが素晴らしい!『ドクター・ドリトル』

『ドクター・ドリトル』 3月20日(金・祝)より公開!

 『アイアンマン』トニー・スターク役のイメージが超強い、ロバート・ダウニー・Jr.。これまで『シャーロック・ホームズ』など様々な役に挑戦してきた彼の新キャラクターは、あの、動物と話せる医者『ドクター・ドリトル』です。『ドクター・ドリトル』といえば、エディ・マーフィが主役を務めた1998年のコメディ映画を思い出しますが、その同名映画とは全然ストーリーが違う、全く新しい『ドクター・ドリトル』が誕生しました。

 動物たちと会話ができる名医のドリトル先生(ロバート・ダウニー・Jr.)。愛する妻リリーを亡くして以来、ヴィクトリア女王から贈られた庭園に引きこもる生活を送っていました。しかし、女王が病に倒れたことを知ったドリトルは、何年かぶりに外の世界へ生き、女王の病を治す解毒剤を手に入れるため、動物たちと冒険へ出かけます。

 世間から遠ざかり、さまざまな動物たちと暮らしてきたドリトル先生。臆病なゴリラや頑固なオウム、陽気なシロクマ、誠実な犬などなど。個性豊かな動物たちとドリトル先生とのやりとりがとってもユニークで、その魅力に惹きつけられてしまいます。動物たちがこれだけ魅力的である理由のひとつが、超豪華な声優陣。マーベル作品でロバートと共演したトム・ホランドが忠実な犬のジップの声を担当。そのほか、オウムにはオスカー女優のエマ・トンプソン、臆病なゴリラ・チーチー役には、『ボヘミアン・ラプソディ』で大ブレイクを果たし、『007』シリーズで最強の敵役に大抜擢されたラミ・マレック。その他、ジョン・シナやセレーナ・ゴメスなどが動物の声を担当しているのです。豪華すぎるうえに、それぞれの声が動物たちに完全にマッチングしているのが素晴らしい! また、ストーリーラインは大人も子供も楽しめる笑って泣ける壮大なアドベンチャーに仕上がっています。

 ロバートが演じる変わり者のドリトル先生は、トニー・スタークばりに、もしくはトニー・スタークを超える彼の代表キャラクターになるのかもしれません。『ドクター・ドリトル』は3月20日(金・祝)ロードショー!

(文/トキエス)

***
『ドクター・ドリトル』
3月20日(金・祝)より公開!

監督:スティーヴン・ギャガン
出演:ロバート・ダウニーJr..、アントニオ・バンデラス、マイケル・シーン、ジム・ブロードベント ほか
動物の声の出演:エマ・トンプソン、ラミ・マレック、トム・ホランド、オクタヴィア・スペンサー、ジョン・シナ、マリオン・コティヤール、セレーナ・ゴメス、レイフ・ファインズ ほか
配給:東宝東和

原題:Dolittle
2020/アメリカ/101分
公式サイト:http://dr.dolittle.jp/
コピーライト:© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム