もやもやレビュー

ジョン・トラボルタ、悪役が似合いすぎる件『サブウェイ123 激突』

サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]
『サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]』
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 1974年にも映画化されたジョン・ゴーディのベストセラーを、デンゼル・ワシントン主演、トニー・スコットを監督に迎え新たに映画化された『サブウェイ123 激突』。本作に冷酷な犯人役としてジョン・トラボルタが出演しているのですが、彼の極悪っぷりがとってもイケてました。

 舞台はニューヨーク。地下鉄のペラム123号が突如、武装したグループによってハイジャックされてしまいます。犯人グループのリーダーであるライダー(ジョン・トラボルタ)は、乗客を人質に身代金1000万ドルをニューヨーク市長に要求。地下鉄運行司令室に勤務しているガーバー(デンゼル・ワシントン)は、犯人からの無線をたまたま受信したことで、そのまま交渉役を務めることになります。

 容赦なく銃をぶっ放つライダー。いつ誰が彼を怒らせて、誰が殺されてしまうのか......ドキドキハラハラが止まりません。しかも乗客の中には、子どもの姿も。ビクビクする母親や、身動きが取れない元軍人、ネットで彼女と密かに通信する青年などなど、年齢も風格も全く違う乗客たちは、あれよあれよとライダー率いる犯人グループに支配されてしまうのです。
 ジョン・トラボルタ演じるライダーの何が怖いって、ジョンの持ち前の体格と大きな目、そして口がめちゃくちゃ悪い......! 吹替版はどうかわかりませんが、ぜひ字幕版で観てほしい! 彼がガーバーや市長を罵ったり、乗客を脅すシーンはスリル満点。これはジョンにしか務まらないと思います。またストーリーラインがテンポよく進んでいくので、さくっと映画を観たいという方にもオススメです。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム