もやもやレビュー

死体のオナラで生き延びる!? 奇想天外で魅力的な『スイス・アーミー・マン』

スイス・アーミー・マン Blu-ray
『スイス・アーミー・マン Blu-ray』
ポニーキャニオン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 ハリポタ俳優のダニエル・ラドクリフが、死体役! しかも、ダサ男キャラの代表格であるポール・ダノと共演! 一風変わった設定と豪華出演者に「アタリ見つけた!」とテンションが上がりまくってしまった私。しかも公式HPでは「奇想天外の青春・サバイバル・アドベンチャー」と紹介されているもんだから、ますますどんな内容か気になり鑑賞しました!

 主人公は無人島に流れ着いたハンク(ポール・ダノ)。彼は食料もなく孤独を感じ、首吊り自殺を実行することに。しかし彼の目に飛び込んできたのは、浜辺に打ち上げられた溺死体(ダニエル・ラドクリフ)。「孤独じゃなかった!」わずかな希望を信じ、人工呼吸を試そうとするハンク。しかし彼が溺死体から聞いたのは吐息の音ではなく......なんと、オナラの音。しかもその死体は、オナラを大量排出し、沖合に向かおうとしていたのです。ハンクは急いで死体に飛び乗り、沖合へと向かいます。

 本作のタイトル『スイス・アーミー・マン』は、死体がスイスアーミーナイフのようにいろんな機能を備えているということから名付けられたそう。ダニエル・ラドクリフが演じる死体は、オナラだけでなく、体から飲水を放出したり、勃起したアソコがコンパス代わりになったり。そんな奇想天外な死体は、ハンクに「生きることは何か?」という疑問を問いかけます。こんな映画今まで見たことない......という斬新な感覚の中に、私達が日常生活で忘れてしまいがちな人生の素晴らしさをやんわりと教えてくれる、そんな作品です。死体とハンクの友情にも注目。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム