もやもやレビュー

悪知恵と、身を守る方法と、人生の意味。『闇金ウシジマくん Part3』

映画「闇金ウシジマくんPart3」DVD通常版
『映画「闇金ウシジマくんPart3」DVD通常版』
SDP
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 真鍋昌平の人気コミックを実写化。ドラマや映画にもなった『闇金ウシジマくん』。今回は映画第3弾の『闇金ウシジマくん Part3』についてご紹介。山田孝之演じる無表情で冷酷な金融屋、丑嶋(ウシジマ)に、なぜかわからないけど魅了されてしまった人も少なくないはず。本作は、原作コミックの「フリーエージェントくん編」と「中年会社員くん編」を基にしていて、リアルな描写がポイントです。

 その日暮らしの生活に飽き飽きしていたフリーターの沢村(本郷奏多)は、"秒速で1億円稼ぐ男"天井翔(浜野謙太)のフリーセミナーに参加。女や生活に困らず、贅沢をしている天井の姿に憧れ、当初「うさんくさい」と思っていた天井のビジネスメゾットにドハマリしていきます。一方、サラリーマンの加茂は(藤森慎吾)は、結婚しているにも関わらず不倫をしたりキャバクラで遊んだり......。2人は、10日5割(トゴ)という高金利の金貸し「カウカウファイナンス」で借金を重ねていきます。

 フリーターと平社員。まったく接点のない二人のお金に対する価値観、執着心そして事件が同時進行で描かれていく本作。ネットワークビジネスに身を投じる人、キャバクラ三昧の人。まったく非現実なキャラクターではなくリアルなキャラだから面白い! どんどん彼らがお金に狂っていくさまをドン引きしながら客観視できる作品。「世の中にはダークなことで溢れているのかもしれない......」「自分がもしこの立場だったのなら?」と改めて自分の身を守る方法について考えさせられる一方で、海外での大金の隠し方など、悪知恵も増えていくのがこの作品。人間の絶望的な面を見せつけられたあと、冷酷な丑嶋くんが、人生についてつぶやくシーンにも感動できます。悪知恵、身を守る方法、そして人生に大切なもの。いろんなことが学べる一本です。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム