もやもやレビュー

映画史上一番怖いゾンビかも『新感染 ファイナル・エクスプレス』

新感染 ファイナル・エクスプレス [Blu-ray]
『新感染 ファイナル・エクスプレス [Blu-ray]』
株式会社ツイン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 2017年に公開され、瞬く間にヒットした韓国パニック映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』。アジア圏だけではなく、南米をはじめ世界中でも反響があったようです。そんな本作ですが、従来のゾンビパニックにアクションを「これでもか!」というくらい織り込んで作られたハイクオリティな出来が見どころ!

 ファンドマネージャーとして忙しい日々を送っていたソグ。妻とは別居中で、娘のスアンとの間にも心の距離がありました。スアンは、誕生日に母に会いに行きたいと懇願したため、ソグは仕事の合間スアンとともに釜山へと向かうことに。高速鉄道TKXに乗車しますが、なんとその列車には、謎のウイルスに感染した一人の女性が乗り込んでいたのです。その女性は乗務員を襲い、その後次々と感染が広がっていきます。スアンはソグを守るため、必死で逃げ道を探し......!

 電車内という狭く、混雑した空間。そんな列車特有のシチュエーションも、もちろんスリルの要素ですが、なんといっても感染者のアクションがすごい。感染したと思ったらすぐに全力疾走! 列車の上からも大ジャンプ! 度がすぎるほどの強敵ばかり。そんな中、強面のおじさんとその妻や、野球部の学生、ホームレスなどと一緒にソグとスアンは逃げ道を探します。

 恐怖とスリルのほか、注目してほしいのはソグの考え方。彼は「他人は他人」主義で、あまり人に協力しないタイプ。これは、現代に生きる日本人の典型的なタイプと似ている気がします。そんな彼がこのスリル120%のシチュエーションの中、どう行動し、どう変化していくのか......そこも注目するとより楽しめます!

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム