もやもやレビュー

"上辺だけの友情"の危険性『招かれざる隣人』

招かれざる隣人 [DVD]
『招かれざる隣人 [DVD]』
アメイジングD.C.
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 これまでの人間関係の中で「こいつ上辺だけだな」と感じたことは誰しもあるのではないでしょうか。特に女性同士にそういった関係が多く存在するようにも思えます。一方で「そんなに仲良くないけど今寂しいから友達として会おう」と気軽に "友人関係" を利用している人もいるのでは。今回はそんな"上辺だけの友情"がとんでもない事件を引き起こしたというサスペンス『招かれざる隣人』をご紹介。

 妊娠中のケイトと夫ジャスティンが暮らす家の一階に、同じく妊婦のテレサとジョン夫妻が引っ越してきます。同じ妊婦という親近感から、徐々に仲良くなっていった2人。ある日、ケイトはテレサ夫婦をディナーに招きます。しかし、ディナーの席で、テレサとジョンが長年頑張った末に念願の子どもを妊娠したことがわかり、特に子どもを望んではいなかったけれどなんとなく子どもができたケイトとは考え方が合わず、ギクシャクした雰囲気に。でも事態はもっと深刻に。ケイトたちが飼っていた猫が原因で、テレサが階段の下へと転落し流産してしまうのです。

 かなりショッキングなシーン、デスパレートな状況での言い争いが続き、観ているこちらも気まずくなってしまう。そして、二組の夫婦の結末はとんでもない方向に転がっていきます。「妊婦同士だから」「一緒に話す人がいないから」なんて上辺だけの薄っぺらい友人関係が引き起こしたセンセーショナルな事件に、自分の人間関係をあらためて考え直したくもなってしまいます。上辺だけの人間関係をバッサリ切りたいという人には、そのきっかけを与えてくれるおすすめの一本です。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム