もやもやレビュー

クールビューティーの最高峰を拝んでみる。『アダムス・ファミリー』

アダムス・ファミリー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
『アダムス・ファミリー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]』
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 上品でキリッとした美しさを持つ"クールビューティー"という存在。憧れる人はきっとたくさんいるとい思いますが、具体的に何をすればクールビューティーになれるのかわからない人も多いはず。そんな方にオススメなのが、アメリカで幅広い層から愛され続けている『アダムス・ファミリー』。ゴシック調で不気味でおしゃれ、そしてチャーミングな一家に "クールビューティー" という言葉がピッタリなキャラが登場するんです。それはアダムス一家の中でも一際目立つ一家の母ちゃん、モーティシア。一度は見たことあるという人も多いはず。何度も死んでは蘇っている魔女、そして細身で黒髪赤リップが超絶似合う! そんな彼女から、クールビューティーの定義を学べること間違いなし!

 切断された手をペットに持つ不気味なアダムス一家。大黒柱のゴメズは、数十年前に失踪した兄、フェスターのことを忘れられずにいました。そんな中、アダム家の弁護士であるタリーは高金利貸しのアビゲイルに借金返済のため追い詰められ、アダム家の財産を強奪しようと企みます。その計画とは、アビゲイルの息子ゴードンがフェスターに激似という理由から、彼をフェスターとして潜入させ、金庫の在り処を聞き出すというもの。しかし、娘のウェンズデーだけはゴードンに違和感を抱くのでした。

 ゴメズの妻、モーティシア。彼を一途に愛し続ける華麗な女性として描かれているのですが、サラサラ黒髪で上品、そして口数が少ないがしっかり意見を持っているところなど、クールビューティーの良さを全て抑えているのです。モーティシアの不気味な部分まで真似してしまうと、ちょっとイタい人になってしまいそうですが、彼女の雰囲気などから学べることはたくさんありそう。今年こそクールビューティーな女性になりたい!と願っているアナタ。ぜひモーティシアからいろいろ学んでみては。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム