もやもやレビュー

疑い深い女はウザいけど強い。『ダイヤルM』

ダイヤルM [Blu-ray]
『ダイヤルM [Blu-ray]』
ワーナー・ホーム・ビデオ
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

 名優マイケル・ダグラスを主演に迎え、ヒッチコック監督の『ダイヤルMを廻せ!』をリメイクした作品、『ダイヤルM』(1998年)。原題は "A Perfect Murder"で「完璧な殺人」という意味です。完璧に練られた殺人って、いったいどのように計画されているの? そんな疑問から本作を手にとって鑑賞してみました。

 経営者のスティーヴン(マイケル・ダグラス)は、自身の会社が破産寸前ということで切羽詰まっていました。そんな中、資産家である妻エミリー(グウィネス・パルトロウ)の不倫を知り、エミリー殺害を計画。しかもスティーヴンは、エミリーの不倫相手であるデイヴィッドに殺害を依頼します。詐欺事件で服役したりと厄介な過去を持つデイヴィッドは「過去をバラすか、大金と引き換えにエミリーを殺すか」選択を投げかけられます。こうして、エミリーの殺害をしぶしぶ承諾するのでした。

 スティーヴンの指示は、かなり細かく、一秒でもタイミングがずれてしまったらうまくいかないのでは?というものでした。そのためなぜか、観客はエミリーではなく殺人鬼に感情移入してしまい、殺人がうまくいくのかどうかマジマジと観てしまうのです。

 しかし、殺害計画は失敗に終わり、そこからスティーヴンの歯車が狂い出します。完璧な男の崩れていく様をみるのは『アメリカン・サイコ』並に面白い。マイケル・ダグラスの悪役っぷりがさらに恐怖をかき立ててくれます。さすが名優。
 
 また本作で注目して欲しいのは、エミリーの頭の良さと、疑い深い性格(あとたまに出る男をもてあそぶような仕草)。女性の私からすると、ちょっと腹が立つキャラクターです。そんな彼女はもちろん、全てに対して疑いを持ち始めます。スティーヴンからすればかなりウザいほど。しかし、そのおかげで彼女は自分で自分の身を守れるのです。本作で再確認できたのは、疑い深い人は、ウザいけど強くてたくましいということ。疑うことを知らない人は、本作のエミリーからいろんなことを学べるでしょう。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム