もやもやレビュー

叫ぶときはアゴに注意。『THE 4TH KIND フォース・カインド』

THE 4TH KIND フォース・カインド [Blu-ray]
『THE 4TH KIND フォース・カインド [Blu-ray]』
ワーナー・ホーム・ビデオ
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 2009年に公開されたアメリカ映画『THE 4TH KIND フォース・カインド』。ミラ・ジョヴォヴィッチが観客に語りかけるシーンから始まるこの作品は、記録映像と再現映像から作られたというリアリティ溢れる"疑似ドキュメンタリー"作品です。

 舞台はアラスカ州ノーム。2年前に夫を何者かに殺害されてしまった心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、夫が以前調べていた街の不眠症患者たちを診ることに。街の患者たちが口を揃えて証言するのは「夜中の3時に、白くて目の大きいフクロウがじっと見つめてくる」というもの。不可解な共通点の真相を探るべく、タイラー博士は催眠療法を行なうことにします。しかし、そのうちの一人の患者が治療中に錯乱し、目覚めた後、逃げるようにタイラー博士のもとを去ってしまうのです。その後、その患者は自宅で家族に銃口を突きつけ、無理心中してしまいます。

 患者が家族と無理心中してしまうシーンも、催眠療法でクレイジーになっちゃったシーンも、すべて記録映像と再現映像の2種で構成されているため、リアルすぎて衝撃映像が苦手な人にはおすすめできない本作。タイラー博士本人も、別の博士に依頼して催眠療法を試すシーンがあるのですが、その記録映像では、「人ってこんなに叫べるの?」というくらいシャウトしまくっているタイラー博士の姿が映し出されています。叫び終わった後、タイラー博士のアゴが外れてしまっているように見えました。叫びすぎると、ほんとにアゴが外れてしまうんだ!という衝撃を本作で学べました。

 怖いお化け屋敷やジェットコースター、大好きなロックバンドのコンサート、そしてもちろんホラー映画を見ているときにも叫びすぎないように要注意です。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム