もやもやレビュー

『レ・ミゼラブル』を観て、袖が2回ビチョビチョになった。

レ・ミゼラブル [DVD]
『レ・ミゼラブル [DVD]』
ジェネオン・ユニバーサル
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 僕がカラオケのマイクを持つとキーーンってなります。1人で行くので平気です。

『レ・ミゼラブル』は1862年にヴィクトル・ユーゴーが書いたフランス文学の大河小説です。その後ミュージカルとしてリメイクされブロードウェイで大ヒットロングラン、2012年にミュージカル映画として映画化されました。

 舞台はフランス革命後の19世紀フランス。たった一本のパンを盗んだ罪で19年間牢獄に入れられた男ジャン・バルジャンは仮釈放中に司教の銀食器を盗みますが、司教の大きな慈悲で許されます。人の優しさに生まれて初めて触れたバルジャンは改心し、汚れた自分を捨て、新たな人生を生きることを決意します。その後苦労の末に工場主として成功をおさめ、市長をも務めるようになった彼はある日、娘を養うために極貧生活を送りながら工場で働く女ファンテーヌと出会います。そして病に苦しむファンテーヌの死に際に、最愛の娘コゼットの面倒を自分が見ることを誓います。そんな矢先、仮釈放中に逃亡した自分と間違えられて投獄されようとしている男がいることを知り、彼は自らが罪人のバルジャンだと名乗り出ます。苦労して築いた富も名誉も捨て、コゼットを守ることに自らの生涯を捧げることを誓ったバルジャンは追手から逃れながらコゼットとの生活を始めます。一方パリでは政治の腐敗と貧困により民衆の怒りが爆発、若者たちは新たな革命を起こそうとしていました。時代の大きなうねりに巻き込まれていく人々の無常。それでも必死に生きる人間の美しい姿を描いた感動の作品。

 この映画はもうとにかく文句なしで面白いです。もちろんストーリーの良さは原作から150年という歴史が物語っているんですが、なにより役者たちが凄い! バルジャン役のヒュー・ジャックマン、ファンテーヌ役のアン・ハサウェイ、バルジャンを追いかけるジャベール役のラッセル・クロウ。その他大勢キャスト、みんな素晴らしい。ほんとに。

 ミュージカル映画なので映画の中でもセリフはほとんどなく、みんな歌います。この歌がめちゃくちゃ上手くてどれも良い歌です。しかも驚くことに歌は役者が本当に歌っています。しかもしかも別で録音して口パクの演技に吹き込むのではなく、実際にその場で演技しながら歌っているんです!! なにその役者魂。しかもしかもしかもアカデミー賞の授賞式の舞台では、キャスト達が劇中の歌をみんなで歌うという圧巻のパフォーマンスで会場中のスタンディングオベーションを浴びました。なにそのカッコ良さ。

 僕は劇場公開時、1人で2回観に行ったのですが、あまりに感動して袖がビチョビチョになってしまいました。2回とも。こんなことなら半そででいけば良かったです。いくら引きこもりの僕でもさすがにこれだけ熱い映画をみせられると熱いモノがこみ上げずにはいられませんでした。熱いモノがこみ上げた後は引きこもりますけどね。人生の素晴らしさ、人間の美しさを感じたい人におすすめの映画です。

(文/前髪ナガレ)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOK STANDプレミアム