もやもやレビュー

『きみに読む物語』を観て、我が家のティッシュが枯れ果てた。

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]
『きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]』
ハピネット
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

絵本が好きです。『100万回生きた猫』が特に好きなので、いつか子供に読んであげるのが夢です。その前に奥さんを作るのが夢です。その前に彼女を作るのが夢です。その前に・・・。
どれだけ遠いんだよ!! 『きみに読む物語』は2004年に公開された映画です。

アルツハイマー病で病院にいる初老の女性に、デュークと名乗る初老の男性が定期的に通ってある物語を読み聞かせてあげます。それはとある田舎で起こった裕福な娘アリーと貧乏な青年ノアのひと夏の恋物語でした。娘の将来を心配する母親によって引き裂かれた2人ですが、娘の結婚の間近に再会。離れた期間もお互いを想い続けた2人は再び熱く結ばれます。

デュークが語ってくれる素敵な恋物話を楽しそうに聞く女性に変化が起こります。突然全ての記憶が戻るのです。その初老の女性こそがアリーであり、デュークと名乗る目の前の男こそが愛しのノアだったのです。全てを思い出したアリーでしたが、それはつかの間の奇跡。記憶と感動はすぐにまた忘却の彼方に消えてしまいます。一瞬の再会を果たした2人はその夜、同じベッドに寄りそいながらゆっくりと息をひきとります。

もう涙がとまりませんでした。いい話!! ノアのアリーを想う気持ちの深さったらありません。 ここまでできないでしょう!! 記憶をなくした愛する人のために毎日自分たちのお話を読んであげるんですよ? そして記憶がもどるんですよ? しかもその日に2人一緒に亡くなるんですよ? なんてこった!!! こんなに想い合えるような生涯の伴侶ができるとすれば結婚っていいなと思いました。でも一方で結局イケメンだけなんだろ? 友達すらいない男はダメだろ? みたいなひねくれた自分もいました。 バカバカ! 俺のバカ!! ティッシュはなくなりますが、号泣しすぎて逆にすっきりしたいっていう人におすすめの映画です。 

(文/前髪ナガレ)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム