もやもやレビュー

『アフロ田中』に男の友情の義理堅さをみた。

アフロ田中 [DVD]
『アフロ田中 [DVD]』
Happinet(SB)(D)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 幼少期から天然パーマを理由にいじめられ、その後も不遇の人生を歩み続ける田中(24歳・童貞)の青春を描いた『アフロ田中』。甘酸っぱいことはなくとも、冴えない男子仲間とそれなりに学生時代を謳歌していたはずの田中でしたが、うっかりノリで高校を中退してしまいます。実家を追い出され、なんとなく東京での一人暮らしを始めるけれど彼女ができる気配はいっこうになし。するとある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届きます。田中は焦ります。なぜなら、高校時代の仲間5人で「結婚式には、彼女を連れてくる」と約束したから...。すると、絶妙のタイミングでボロアパートには不似合いな美女、亜矢ちゃん(佐々木希)が引っ越してきたのです! 妄想たくましく、空回りの頑張りをみせる田中。さて、結婚式に亜矢ちゃん同伴で参加できるのか!? 
 主役の田中を演じる松田翔太はアフロにしたぐらいではまだまだ全然カッコよく、素材の良さを演技で凌駕することはできていません。うーん、ハンサムも大変だね。ちなみに私は断然、兄の龍平派です。

 それはさておき。私が気になったのは、田中の冴えない仲間への義理堅い友情です。田中が亜矢ちゃんを射止めようとする原動力は、亜矢ちゃんへの想いよりも仲間との約束のため。見栄もあると思うけど、やっぱり約束=契りを果たすために田中は頑張っているように見えます。男の友情の正体は未だわからずですが、シンプルで熱くて、なんだかうらやましくなりました。

(文/森 亜紀子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム