え、バッテラってそういう意味だったの!? 食い倒れの街・大阪で「いっとかなあかん」店

いっとかなあかん店 大阪
『いっとかなあかん店 大阪』
江弘毅
140B
1,620円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 江戸時代は"天下の台所"、現在では"大阪の食い倒れ"といわれるように、食の都として栄えてきた大阪。お好み焼き、たこ焼き、串かつ、きつねうどん、てっちり、焼肉......と、古くから活気ある豊かな食文化が育まれてきました。江弘毅著による本書『いっとかなあかん店 大阪』は、街の達人・江弘毅さんが、食の都・大阪に息づく名店の数々を紹介。大阪らしい食を味わうことのできる"いっとかなあかん店"を教えてくれます。

 今や、すき焼きを食べる際、卵をつける食べ方は一般的となりましたが、その食べ方がはじまったといわれているのが、1881年創業、大阪・東心斎橋にある「北むら」。本書によれば、この「北むら」は、割り下を使わずに肉を焼き、砂糖と醤油だけで味付けをする"上方流すき焼き"の元祖ともいえる店なのだそう。仲居さんが付きっきりで、次のような手順で焼いてくれるのだといいます。

 「まず熱した鍋に牛脂をくるくるとまんべんなくひく。肉を一枚ずつ広げて焼き、その脇に砂糖を置く。砂糖に味醂少々と醤油をかけ、溶けた頃にまだ赤みが残る肉を砂糖醤油に絡ませる。表裏と焦げ付かないようすばやく返し、肉汁が浮き上がってきた頃が食べ頃だ」(本書より)

 肉に直接砂糖や醤油をかけず、あくまで焼きながら、味付けをしながら食べることにより、肉の味が生き生きとするのだそうです。

 あるいは、今でこそ大阪でも多くの名店が存在する"にぎり鮨"ですが、本書によれば、元々東京で食べられていたにぎり鮨が大阪に現れたのは明治時代半ばのこと。本格的に食べだしたのは、関東大震災後の大正末期だったといいます。それまで大阪で寿司といえば、その主流は箱寿司や海苔巻き、ちらしを指していたそう。そこで本書では、こうした本来の大阪寿司を伝える名店も紹介されています。

 たとえば、鯖を酢で締めて薄く切った身を使う箱寿司の「バッテラ」は、1893年〜95年頃、順慶町(南船場)の「鮓常」が大阪湾でたくさん穫れたコノシロを2枚に下ろして箱寿司に使ったのがそのはじまり。尻尾がピンと張っている形が、水上警察署がパトロールに使っていた短艇に似ていたため、ポルトガル語でボートという意味の"バッテラ"と名付けられたそうです。その後、コノシロが高くなったため、安価な鯖に変わって定着したとのこと。本書のオススメ、難波駅西にある「鳴門寿司」や、文の里にある「文の里松寿し」では、このバッテラをはじめとする、本来の大阪寿司を味わうことができるのだといいます。

 大阪で何を食べようか迷ったときには、本書を参考に"大阪らしい"店を訪れてみてはいかがでしょうか。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧