女性化ではなく"無性化"を選択した男性の人生

男であれず、女になれない
『男であれず、女になれない』
鈴木 信平
小学館
1,296円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 LGBTの差別をなくすべく理解を求める活動が活発化している昨今、「男」「女」という枠組みではない多様性が求められています。しかし、本書『男であれず、女になれない』では、そんなセクシャルマイノリティの枠組みに収まれず、「性」の居場所を求めたある男性の人生が語られます。

 セクシャルマイノリティと聞いて、性別適合手術を思い浮かべる人も少なくないでしょう。例えば本当の自分は女性であり、男性の性に違和感を持っている場合、男性的な身体的特徴を排除し、心も体も性別を一致させようとするものです。

 しかし、本書の著者である鈴木信平氏は、男性の性に違和感を覚えているものの、「女性になりたい」とは望んでいない点で事情が異なります。厳密にいえば、「女の子に生まれれば良かったと思っている」「女性になれない」というのです。実際、男性器を摘出しましたが、ホルモン接種や豊胸など女性化を施していません。著者はこう語ります。

 「何をどれだけ変えて女性に近づいたとしても、いつでも『本当は......』という言葉に怯えるようになるのでしょう。だから私にとってのそれは、私が生涯を通して抱えていく荷物を持ち替えたに過ぎないのです。劣等感や違和感、疎外感に孤独感。これらを抱える場所が、変わるだけと容易に推測できるのです。」(本書より)

 仮に女性になったとしても根本的な解決にはならないという著者。とはいえ、心は乙女そのものであることから、様々な葛藤が生じ著者を苦しめます。そのひとつであり、人生の転機となったのが、大学時代に初めて本気で"男子"を好きになった激しい恋でした。

 著者が愛した男性は、"女性"を愛する人ではありましたが、その気持ちを嫌悪せずに「気持ち自体は嬉しいもの」と優しく許容していてくれたといいます。しかし、彼に女性の恋人ができたことで幸せな時間が脆くも崩れ去ったのです。当時の心境をこう振り返ります。

 「私が私として人を愛した後に、私が私であることのすべてを否定した時間。私が私の存在すべてを拒絶した時間。そういう時間が私には確かにあった。きっともう生きないと思った。」(本書より)

 それ以来、より「結局、私は何者なのだ?」「私の性別は何のか?」という疑問が強くなり、自分の性と向き合う覚悟ができたといいます。そして、自分の性の居場所を求めて試行錯誤を繰り返していきます。その裏には家族や友人といった支えもありました。

 そうした日々が時系列で淡々と、理路整然とした言葉で綴られる本書。去勢だけの"無性化"という"宙ぶらりん"な状態を選択し、著者は性を通して自らが何者なのかという答えに決着をつけるに至ったのか......。ときに目を覆いたくなるほどの残酷な現実に文体のように穏やかではいられないかもしれません。

 心と体の性別が一致した存在である人にとって、性別というアイデンティティに尊さを感じる機会はあまりないかもしれません。しかしながら、その獲得に命を削る想いで葛藤する人たちがいることを、知るべき義務はあるといえそうです。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 髭男爵
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。2015年8月21日スタート!
  • エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。2014年9月15日スタート!
  • PLANETS/第二次惑星開発委員会
    ほぼ日刊惑星開発委員会
    評論家の宇野常寛が主宰する、批評誌〈PLANETS〉のメールマガジン。幅広いジャンルの記事をお届けします。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧